スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2011年01月23日

ソラチ 豚丼のたれ

sorachi-butadon-2.png

北海道では、最近でこそ すき焼きや肉じゃがに牛肉を使うようになって来ましたが、以前は豚肉を使うのが当たり前で、「豚肉以外では何だかピンと来ない」と言う道民が比較的多く いわゆる北海道は”豚肉王国”と言うべき土地柄なのです。
そんな北海道だからこそ”肉”を使った”どんぶり”となれば”豚丼”になったのは必然だと言えるでしょう。
豚丼は帯広を中心とした道東地方で広く愛され、その甘辛い味付けは「十勝豚丼」「帯広豚丼」などと称されています。
BSE問題発生時に各牛丼チェーンが代替え品として牛丼のタレの味に似た”豚丼”を販売するようになり、それらと区別するために、あえて”十勝”や”帯広”と付けられたりするようになりました。

sorachi-butadon-3.pngsorachi-butadon-5.png
sorachi-butadon-6.pngsorachi-butadon-7.png

豚丼の発祥は帯広の大衆食堂「ぱんちょう」が地元の素材である豚肉を使って美味しい”どんぶり”を作ろうと、すでに全国で大衆の定番となっていた「うな丼」をヒントにして、原型とも言える醤油味の”豚丼”を誕生させました。
その味が十勝地方で徐々に広まり、各店で個性を出しつつも、「ぱんちょう」の味をルーツとした”豚丼”を出し始め、これが十勝の”豚丼”のスタイルとなって定着して行ったのです。

ソラチはその地元に定着した味を、北海道全域の各家庭で気軽に食べられるように、帯広発祥の伝統の味を参考に”ソラチ 十勝 豚丼のたれ”を創り上げ発売すると、その味はアッと言う間に受け入れられ、日常の食卓に”豚丼”が登場するようになり、さらに”ソラチ 十勝 豚丼のたれ”を使った応用メニューも次々に開発されています。
参考までにソラチの新レシピ集
”豚丼”の基本の作り方は大きく分けて二通りあり、フライパンで豚肉を7割ほど焼いて、そこに”豚丼のたれ”をからめ、煮詰める調理法と、豚肉を”豚丼のたれ”に漬け込み、七輪などの炭火で網目を付けて焼く、より本格的な調理法があります。
トッピングの野菜などは自由ですが、個人的には生の白髪ネギが好きで、肉を盛った丼に載せ、軽くコショウを振ったりしています。
おそらく道民は各々、オリジナルの食べ方で”Only.1””豚丼”の味をを楽しんでいることでしょう。

sorachi-butadon-1.pngsorachi-butadon-4.png

原材料名を見ると
しょうゆ、砂糖、米発酵調味料、魚介エキス、ソルビトール、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)
(原材料の一部に大豆、小麦、さばを含む)
の後に”※水は一滴も使用していません”と書いていて、チョット驚くと同時に、美味しさの秘密も理解できた気がします。
調理が簡単で、本格的な味を実現する”ソラチ 十勝 豚丼のたれ”は冷蔵庫に常備しておきたい「北海道の味付け」です。

”ソラチ 豚丼のたれ” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 くしろキッチン 和商店
sorachi-butadon-8.png

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 08:39 | Comment(0) | タレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

ソラチ ジンギスカンのタレ

sorachi-jintare.png

北海道で人気を二分するジンギスカンのタレの一つがこのソラチ ジンギスカンのタレです。
※もう一方のライバルについてはコチラをご覧ください ベル食品 ジンギスカンのタレ
ソラチのジンギスカンのタレは現在、幅広い好みに合わせて味の種類が豊富にあり、多彩な”ジンタレ”が販売されていますが、昔から道民におなじみなのがソラチのスタンダード”特撰成吉思汗”です。
「成吉思汗」と書いて「ジンギスカン」と読みますが、その漢字の由来について 詳しくは分らないのですが、あの有名なモンゴル帝国の初代皇帝”チンギスハーン(チンギスカン)”の名前をこう書いていたので、おそらくそこから来ているようです。
シェアはベル食品のジンギスカンのタレの方が若干リードしているようですが地域によってはソラチの方がリードしている所もあり、比較しますとソラチの方が味にコクがあり、マイルドな味わいになっていて、逆にサッパリ食べたい方にはベル食品の方が気に入るのではないかと思われます。
噂ではこれら二つを独自の割合でブレンドし、自分の味を創り上げて食べている方もいるそうです。(試してみたことはありません)
原材料は 
醤油、りんご、砂糖、ブドウ糖、アミノ酸液、玉葱、香辛料、米発酵調味料、醸造酢、食塩、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酒精、甘味料(甘草)
で、りんごとタマネギの味がソラチ ジンギスカンのタレのマイルドさを出していると思います。
道外では、ラムやマトンのスライス肉をたとえ手にすることが出来たとしてもジンギスカンのタレが見つからず、焼肉のタレなどで食べたりすることもあるようですが、そうなるともはやジンギスカンではなくなってしまいます。
やはり、ジンギスカンタレまで込みでジンギスカンなのです。
jingisukan.png
このタレをいろんな形で活用するレシピも数多く紹介されていて、我が家でも野菜炒めの味付けにかなりの頻度で使っています。もしかしたら肉よりも野菜との相性の方が良いのかもしれませんし、究極、ごはんにそのままこのタレをかけて食べたりもします。

”ソラチ ジンギスカンのタレ” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 明治屋
ソラチ ジンギスカンのたれ-3.png

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 11:39 | Comment(0) | タレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

ベル食品 ジンギスカンのタレ

img10395628665.jpg

北海道でのジンギスカン文化は、今や全国に知れ渡るようになり、ジンギスカンチェーン店の増加や、オリジナルの味付によるジンギスカン商品の製造、販売など、さまざまな形で人気を広げつつありますが、その基本である、北海道民に古くから愛されているジンギスカンの食べ方は、マトンやラムの円形 の冷凍羊肉スライスをジンギスカン鍋で焼き、タレに付けて食べる、至ってシンプルなものです。
そのジンギスカン文化を支え、浸透させたのが、このベル食品 ジンギスカンのタレです。
さまざまな香辛野菜やスパイスを巧みにブレンドし、羊肉の独特な匂い(個人的には、特に嫌ではない)を抑え、おいしさを引き出し、飽きの来ないベル食品ジンギスカンのタレは、野菜炒めなどにも使う事が出来ますし、牛肉、豚肉の焼き肉に使ってもGOODです。
逆に羊肉を、一般的な焼き肉のタレで食べると美味しくありません。サッパリ感が違います。
ちなみに円形の冷凍羊肉は、羊の半身から骨を取り除いた肉を海苔巻きを作る様に丸め、冷凍したもので、最近、かなり増えてきている生ラムよりも薄くスライスできるのが長所で、薄い方が好みの方に根強い人気があります。値段的には、どちらも同じくらいです。
生ラム、冷凍スライス羊肉、どちらでもベル食品 ジンギスカンのタレさえあれば間違いないので、常時、冷蔵庫に入れておけば、その日の気分で買うお肉を決めても良いでしょう。
花見や海水浴、キャンプなどなど・・・本州の方には驚かれますが、道民はあらゆる行事でジンギスカンをします。
20年ほど前でしょうか、円山球場での巨人の試合の時、練習時間ではありますが、外野芝生席でジンギスカンをしているグループを見た時は、さすがにちょっとビックリしてしまいました・・
ですが、そんな時でも、このベル食品 ジンギスカンのタレが、その傍らに必ず一緒にいるでしょう。

”ベル ジンギスカンのタレ” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道グルメマート
ベル食品 ジンギスカンのタレ-3.png

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | タレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする