スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2011年09月27日

日清北海道の ラーメン屋さん

日清 ラーメン屋さん-3.jpg

インスタントラーメンの定番商品である日清食品 ラーメン屋さんは、本場”北海道”の人気の味が家庭で味わえる「ご当地」「本場・本物志向」を切り口として、1996年に発売されたブランドであり、日清独自の自慢の製法である「もっちり製法」によって作り出した、その名の通り「もっちりとした弾力感のある太めん」が特徴のインスタントラーメンです。
全国各地で販売されている日清食品 ラーメン屋さんの北海道限定版が日清北海道の ラーメン屋さんになります。

日清 ラーメン屋さん-2.jpg日清 ラーメン屋さん-4.jpg

「生麺と間違えるような味わい」と表現するには幾分ムリがありますが、油で揚げた麺とは思えないほど、食べ心地がより本格的な麺に近く、太さといい、ちぢれ具合といい、数ある他のインスタントラーメンとは一味違った食べごたえを楽しめます。
味は、「札幌みそ風味」 「旭川しょうゆ風味」 「函館しお風味」 の定番3種に加え、「室蘭カレーラーメン」が登場し、現在のところ四種類になっています。

【札幌みそ風味】
北海道産小麦100%の「もっちり太ちぢれ麺」に、北海道醸造味噌を使用した特製スープ。

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、植物性たん白、卵粉)、食塩、味噌、糖類、香辛料、香味油、ねぎ、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、乳化剤、増粘多糖類、酸味料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、香料、(原材料の一部に乳成分を含む)

【旭川しょうゆ風味】
北海道小麦100%の「もっちり太ちぢれ麺」に、利尻昆布を使用した特製スープ。
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、植物性たん白、卵粉)、食塩、醤油、植物油脂、豚脂、糖類、香辛料、ポークエキス、香味油、ねぎ、昆布エキス、魚介調味油、酵母エキス、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、乳化剤、増粘多糖類、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、鶏肉を含む)

【函館しお風味】
めんは北海道小麦100%の「もっちり太ちぢれ麺」に、北海道産ホタテのだしを使用した特製スープ。
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、植物性たん白、卵粉)、食塩、動物油脂(鶏、豚)、ポーク調味油、糖類、ポークエキス、魚介エキス、ごま、香辛料、野菜エキス、チキンエキス、たん白加水分解物、香味油、植物油脂、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、乳化剤、増粘多糖類、酸味料、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、カラメル色素、(原材料の一部に乳成分、かにを含む)

【室蘭カレーラーメン】
めんは北海道小麦100%の「もっちり太ちぢれ麺」。先に甘さを感じながらも、室蘭カレーラーメンの特徴の一つであるワカメをスープに同包し、カレーラーメンらしいスパイス感をしっかりと感じるスープに改良しました。
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、植物性たん白、卵粉)、食塩、糖類、醤油、豚脂、カレー粉、小麦粉、カレー調味料、たん白加水分解物、野菜エキス、酵母エキス、でん粉、香辛料、マーガリン、香味調味料、わかめ、魚介エキス、ピーナッツバター、香味油、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、カラメル色素、炭酸Ca、増粘多糖類、乳化剤、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、鶏肉、りんごを含む)

日清 ラーメン屋さん-5.jpg日清 ラーメン屋さん-6.jpg

麺には北海道産の小麦を100%を使い、千歳市上長都にある協力工場の”札幌日清株式会社”( 製造所固有記号 T です。)が製造しているので、まさに生まれも育ちも”北海道”のインスタントラーメンと言えるでしょう。
正直なところ、麺の完成度に比べ、スープに関しては”インスタント”の枠を超えることはないのですが、ダシ、香り、コクなどの面で 原材料にもこだわりつつ いろいろな工夫が施されていて、それぞれの味が無難に仕上がっていますので、けして期待を裏切るようなことはありません。
むしろ、麺の 味、食感などにこだわり、グレードアップされたインスタントラーメンを食べたい方に必ず満足してもらえるのが この日清北海道の ラーメン屋さんです。

”日清北海道の ラーメン屋さん” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 本舗Online Store
日清 ラーメン屋さん-8.jpg


スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 13:15 | Comment(0) | インスタントラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

マルちゃん 激めん あんかけ風 しお

激めん あんかけ風-1.jpg

東洋水産の数あるカップラーメンの中でも、特に北海道で根強い人気を誇る”激めん”シリーズに新たに仲間入りしたのがマルちゃん 激めん あんかけ風 しお (東洋水産HPによると正式名は”あんかけ風 激めんワンタンメン”)です。
9月5日に発売開始で、販売エリアは 北海道・東北・信越・関東 との事で、北海道以外でも購入可能なのでしょうが、はたして取り扱ってくれる店舗がどの位あるのか、おそらく”激めん”を長年にわたり食べ続けてきた”北海道”ほど定番商品化はしてくれないと思います。
”やきそば弁当”で登場した”あんかけ風”の流れで誕生した商品だろうと推測されますが、売れ行き次第では、今後も”マルちゃん”の他シリーズで次々に”あんかけ風”商品が登場するのかもしれません。

激めん あんかけ風-8.jpg激めん あんかけ風-2.jpg

”激めん”を語る時に、絶対に外せない”ワンタン”ですが、モチロン入っていますし、他の具材としては 「たまご カニ風かまぼこ チンゲン菜 挽肉」 が入っています。
ただし、”カニ風かまぼこ”などの具に取って代わったのか”激めん”の影の主役 レトルトの”メンマ”は入っていません。
作り方は、かやくをめんの上にあけ、熱湯を”ワンタン”の上から注ぎ、3分後、粉末スープを加え ”よくかきまぜて” 出来上がりです。

激めん あんかけ風-3.jpg激めん あんかけ風-4.jpg

原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、ポーク エキス、香辛料、卵白、粉末野菜)、ワンタ ン、でん粉、食塩、味付挽肉、醤油、チンゲン 菜、たまご、たん白加水分解物、香辛料、かに 風かまぼこ、砂糖、粉末野菜、酵母エキス、粉 末こんぶ、ねぎ、植物油、加工でん粉、調味料 (アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウ ム、かんすい、香辛料抽出物、カラメル色素、 酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、カ ロチン色素、紅麹色素、パプリカ色素、ビタミ ンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成 分、鶏肉、ゼラチンを含む)

激めん あんかけ風-7.jpg激めん あんかけ風-5.jpg

食べてみると、スープはイメージ通りのとろみ感で、食べ始めはマイルドに感じますが、次第に”激めん”に不可欠なコショーがピリッと効いてきて、さらにショウガの風味がほのかに香ってきます。
スパイシーでありながら、どこか”中華”を思わせる味わいの塩味スープに仕上がっています。
麺はスープがほど良く絡む細麺で、香味野菜とポークエキスが練り込んであり、ジックリ味わいながら噛んでいると、微かに残る風味で、後味の良さを感じることができます。
そして 具材に関しては 絶対に外せない、伝統の”肉入りワンタン”が、相も変わらず”ツルッ”となめらかな心地よい食感で、激めんの本領を発揮している上に、チョット量的に寂しいですが、”カニ風かまぼこ””チンゲン菜”が、とろみの付いた”塩味スープ”との相性も良く、抜群の演出ををしています。
そして、冷めにくい”あんかけ”だからこそ、これから来る寒い時期にピッタリであり、アツアツのまま食べきりたい時に最適なスープの”カップラーメン”なのです。
具材に”肉入りワンタン”が入ってお得感満載の激めんがなぜ全国発売にならないのか、とっても不思議な気がしますが、逆に北海道だけでウケている現状が、一道民としてなんだかとても嬉しいような、もしくは「もっと頑張れ!」とジレンマを感じ マニアックでひいき目に見ているような、そんなとても複雑な心情になっちゃっています。

”マルちゃん 激めん あんかけ風 しお” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 プラスワンショップ
激めん あんかけ風-6.jpg


スポンサード リンク

🏠 お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 07:58 | Comment(0) | インスタントラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

マルちゃん カップラーメン 北海道の工場でつくっています!

マルちゃん カップラーメン-1.jpg

スーパーなどで安く売られていて、いつも目にしていたマルちゃん カップラーメン 北海道の工場でつくっています!
「北海道」の文字が気にはなっていたのですが、北海道だけの限定品ではなく、全国に向けて「北海道の工場でつくっています!」って事をアピールした商品なんだと 勝手に決めつけていたのですが、なんとこれも北海道だけの販売でした。(;^ω^)
正式な商品名が はたしてどこからどこまでなのか分らないのですが、東洋水産のHPには
”カップ醤油ラーメン” ”カップ味噌ラーメン” ”カップ塩ラーメン”
としか紹介されておらず、なんともシンプルなネーミングで、いかんせんインパクトに欠ける部分があります。
プッシュするにはやや物足りなさを感じる商品ではありますが、北海道エリアだけの販売なので、このブログにピッタリの「即席カップ麺」である事は確かです。
いつ頃から販売されていたのか思いだそうとしたのですが、いつの間にか店頭に並んでいたような印象しかなく、東洋水産HPで確認してみたところ発売日が2009年07月13日と言う事で、比較的新しめの商品でした。

味は三種類あり、どれも至ってシンプルな味で、特に突出した特徴もないのですが、逆に言うと
「オーソドックス」 「間違いが無い」 「ふつう」 「面白みが無い」 ・・・
など、あまりパッとしない感想が出てきそうな気もしますが、そんな平凡で凝ったところの無い味わいが 何よりも最大の特徴と言えるでしょう。
食べていると、ふと「何かの味に似ているなぁ」と気付き、思い出してみるとマルちゃん 袋入りインスタントラーメンによく似た味わいに感じました。
そー言えばマルちゃん 袋入りインスタントラーメンのパッケージがフタに印刷されているカップラーメンが過去にあり、そのデザインに魅かれ何度か食べたような気がします。
もしかしたらその後継者として登場したのかもしれません。

そして気になったのが「北海道の工場でつくっています!」の文字です。
「北海道の工場ってどこにあるの?」と思い、調べてみましたら、札幌工場が札幌市西区宮の沢にあることが判明し、どこか地方都市かと思いきや、わりと近場にありました。
カップに印刷されている製造所固有記号も「M14」ですので、札幌工場で間違いありません。

マルちゃん カップラーメン-2.jpgマルちゃん カップラーメン-3.jpg

カップ醤油ラーメン
まろやかでコクのあるチキンベースの醤油味スープに、中太麺を合わせました。
カップ味噌ラーメン
白味噌と赤味噌をブレンドした味噌味スープに、中太麺を合わせた、ほのかな甘みのみそ味ラーメン。
カップ塩ラーメン
野菜の旨味が効いている塩味スープに、中太麺を合わせました。香ばしいすり胡麻が香りとコクを深めます。

マルちゃん カップラーメン-6.jpgマルちゃん カップラーメン-7.jpgマルちゃん カップラーメン-5.jpg

何と言ってもこのマルちゃん カップラーメン 北海道の工場でつくっています!の最大のおススメポイントは、家計に優しい価格で販売されているところです。
お子さんの 夏休み 冬休みの昼食用に、チョッと小腹が空いた時や夜食用に・・・etc
なにせ 価格が安いのでまとめ買いしても負担にならず、味もマルちゃんの数あるカップラーメンの原点的な味なので、常備しておけば きっと、さまざまな場面で活躍してくれると思います。

”マルちゃん カップラーメン 北海道の工場でつくっています!” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道グルメマート
マルちゃん カップラーメン-4.jpg

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 11:55 | Comment(0) | インスタントラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする