スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2012年01月30日

義経ジンギスカン

義経ジンギスカン-1.jpg

北海道の味付けジンギスカンを語る時に忘れてならないのが義経ジンギスカンです。
特に北海道の中心である札幌で生まれた味付けジンギスカンで、有名なブランドって意外にも少なく、イメージでは長沼や滝川などの味付けジンギスカンの方が認知度が高いような気がします。
と言うのも、札幌のビール園や羊ヶ丘展望台などの観光スポットで名物となっているジンギスカンに代表されるように、肉を焼いた後にタレをつけて食べる、いわゆる「後付け」のスタイルが広まり、味付けジンギスカンはやや押され気味だったことが要因だったのだと思います。
市販されているパック詰め「義経ジンギスカン」ですが、製造は 昭和41年6月に設立された「ヨシツネ食品」で、外食チェーンとして主に札幌市内で店舗展開し、庶民的な雰囲気と価格で固定客も多く、古くから根強い人気の「義経ジンギスカン 」のお店の味を伝承し、手軽に家庭で楽しめるよう、各種銘柄をそれぞれの趣向に合わせた味わいで商品化しています。
マーケットにおけるシェアで見ると、けして高いとは言えないのですが、「この味でなきゃダメ!」と言う方も多く、派手な宣伝などがなくてもコンスタントに売れ続けている、札幌生まれの味付けジンギスカンであります。

“ヨシツネ“の社名の由来についてですが、モチロン”源義経”から付けられました。
幼名である「牛若丸」の名でも知られていて、武蔵坊弁慶との五条の大橋での出会いを始め、歴史上の英雄として数々の伝説を生んでいる源義経。
兄・頼朝と共に、一代にして鎌倉幕府を築きながらも後に対立し幕府を追われ、北海道から蒙古に渡ってジンギスカン(チンギス=ハーン/蒙古の帝王)になったという伝説もその一つであります。
ヨシツネ食品HP上では
「北海道の風土から生まれた『ジンギスカン』として、皆様に親しまれ愛される『源義経』のような存在でありたい、という願いから『ヨシツネ食品株式会社』と命名されました。」
と記されていますが、もっと単純に「ジンギスカン」→「チンギスハン」→「源義経」と連想しただけではないかと、関係者でもない部外者ながら勝手に想像しています。 m(__)m

義経ジンギスカン-8.jpg義経ジンギスカン-10.jpg

昔ながらのレトロな印象のパッケージは、札幌発味付けジンギスカンの先駆けとなった、伝統を感じさせます。
肉はやや厚切りながら、焼き過ぎたりしなければとてもジューシーで柔らかく、秘伝のタレがシッカリと浸み込んで気になる臭みも全く無く、もやし、キャベツ、人参、ピーマン、長ネギ、玉ねぎ、行者ニンニクなど、野菜も美味しく食べられます。
また、最近教えてもらったのですが”しらたき”なども合いますし、シメで”うどん”や”やきそば”の麺を入れてタレを絡めれば、最初から最後まで存分にその味を堪能できます。

義経ジンギスカン-2.jpg義経ジンギスカン-7.jpg

年がら年中 野外から室内まで、季節や場所を選ばず、とにかくビールには最高ですし、ごはんのおかずとしてもピッタリで 子供にも大人気、きっと道産子なら分ってくれると思いますが、白飯に浸みたタレを想像するだけで食欲をそそり、すぐにでも食べたくなってしまいます。
北海道のあらゆる町で、それぞれの個性で名物となっている”味付けジンギスカン”の銘柄がありますが、北海道の中心である大都市「札幌」の”味付けジンギスカン”の代表と言えば間違いなく義経ジンギスカンです。

”義経ジンギスカン” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 「小樽きたいち」
義経ジンギスカン-5.jpg


スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 11:33 | Comment(0) | ジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

長沼ジンギスカン

長沼ジンギスカン-1.jpg

札幌から程近く、勇大でいかにも北海道らしい風景が広がり、農産品の産地であるとともに、味付けジンギスカンで有名な長沼町
おそらく昔から地元の人たちが大好きで、多く食べられていたからこそ、町内のそれぞれの店で、使う羊肉、味付けするタレ、仕込みの方法等、様々に探求し続けた結果、味付けジンギスカンが代表的な”長沼名物”になったのだと思います。
さらに付け加えると、地元の新鮮な野菜が手に入り、タレの原料にも使えますし、もちろん肉と一緒に焼いて味わう事もできますので、野菜の美味しさが長沼ジンギスカンを有名にした一つの要因なのかもしれません。

長沼ジンギスカン-4.jpg長沼ジンギスカン-3.jpg

株式会社長沼成吉思汗は、昭和27年の創業で、60年近くの歴史があり、製品を販売している他、長沼町内に直営店の、「お食事処 成吉」があります。
また、「長沼温泉」のジンギスカンコーナーで、代表的な三大ブランド ”かねひろ” ”佐藤” と、この長沼ジンギスカンを食べる事ができ、その違いを確かめる事ができます。
パッケージにデカデカと書かれている「タンネトウ」の文字。
いつも目にしていながら、「変わったネーミングだなぁ〜」と思うくらいで、特に調べるような事もなかったのですが、今回調べてみて分かりました。
チョット拍子抜けの感もありますが答えは単純明快で、「タンネトウ」とはアイヌ語で地名の「長沼」の意味でした・・・(^^;)
開拓前に町域にあった三日月湖の細長い沼から町名が付けられたようです。

長沼ジンギスカン-5.jpg長沼ジンギスカン-7.jpg

■原材料

羊肉、たれ【醤油、たまねぎ、にんにく、しょうが、りんご、オレンジ、砂糖、調味塩、香辛料】調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、(原材料の一部に小麦を含む) 

長沼ジンギスカン-6.jpg長沼ジンギスカン-8.jpg

味は野菜の甘味を活かしたタレで、飽きが来るようなクドさがなく しっかりタレが肉に染み込んでいながら比較的サッパリとした味わいで、気になる臭みなどはモチロンありません。
長沼腸の味付けジンギスカンと言えば、”かねひろ”の名前が上がりますが、口コミなのか宣伝活動の賜物なのか、道外でも知っている方が多く、どちらかと言うと町の外での知名度が高いブランドであり、それに比べると”長沼ジンギスカン”は、道内の多くのスーパーにも置いていて いつでも気軽に買うことができ、長沼町の味付けジンギスカンブランドとしてより身近な味として親しまれています。

”長沼ジンギスカン” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道グルメマート
長沼ジンギスカン-9.jpg


スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 12:03 | Comment(0) | ジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

共栄食肉 運河焼肉ロースジンギスカン

運河焼肉ロースジンギスカン-1.jpg

共栄食肉は北海道の観光都市「小樽」で誕生し、様々な名所の中でも代表的な観光名所「小樽運河」の傍で昭和45年に発足した食肉関連企業です。
特にジンギスカンに関しては北海道でも有数のメーカーで、ラムの枝肉(骨付き半身)を巻いたラムロールなどを初め、羊肉加工の生産で一時代を築き上げました。
そのジンギスカンに関するノウハウを活かし、羊肉の深い味わいが楽しめるオーストラリア産マトンのもっとも美味しいとされるロース部分のみを使用し、共栄食肉独自の製法で熟成させ、オリジナルのタレで味付けしたのが共栄食肉 運河焼肉ロースジンギスカンです。
やや甘めのタレで、マトン特有の臭いもなく、肉はやや厚めに切られていますが、とても柔らかく、子供からお年寄りまで幅広く喜んでもらえる味わいになっています。
タレは肉だけで食べるとやや濃い目の味のように感じますがジンギスカンには必ず野菜が付きますのでそれを考えるとちょうどイイ味です。
その味は気を付けないと、ついついご飯がススみますし、ビールもススんじゃいますので、食べ過ぎ飲み過ぎには注意したいところです。
何より、一番のおススメポイントはリーズナブルな価格で、スーパーなどでも頻繁に特売などをしてくれていて、美味しいジンギスカンを安く食べたい道民にとってはとっても嬉しい商品です。

運河焼肉ロースジンギスカン-4.jpg運河焼肉ロースジンギスカン-5.jpg

原材料名

羊肉、醤油、砂糖、リンゴ果汁、発酵調味料、生姜、ニンニク、香辛料、ゴマ油、調味料(アミノ酸等)、酸味料、リン酸塩(Na)、カラメル色素、原材料の一部に大豆・小麦含む
原料肉種羊肉(マトンロース)
原料原産地 オーストラリア

運河焼肉ロースジンギスカン-3.jpg

現在、「共栄食肉株式会社」は レトロな雰囲気漂う小樽運河の傍から 同じ小樽市でも札幌により近い銭函に新しい社屋を建設し、引っ越して来ましたが、ルーツである「運河」に対する思いが強いようで、商品名に「運河」を使ったものが多く、さらに共栄食肉が展開している食べ放題バイキングレストランの名前も「運河亭」です。
🍺🍴 共栄食肉 運河亭

運河焼肉ロースジンギスカン-6.jpg運河焼肉ロースジンギスカン-8.jpg

北海道の味付けジンギスカンも「松尾ジンギスカン」に代表されるように、幾つかのブランドが全国での知名度を上げており、それらのトップブランドは確かに美味しいのですが、いかんせん価格的にやや高めで、なかなか手軽に買う事が出来ません。
その点この共栄食肉 運河焼肉ロースジンギスカンは通常価格でも買いやすく、特売なんかがあるとまとめ買いして冷凍庫に入れて置いたりします。
ジンギスカン鍋やホットプレートで定番の「ジンギスカン」を楽しむのも良いのですが、フライパンで焼いて生レタスで巻いたり、衣を付けて唐揚げにしたり、まだまだ応用方法が無限にありそうなので、自分なりのアイディアで料理のレパートリーを増やして下さい。
社屋も新しくなり、より大都会「札幌」の近くに越してきても、共栄食肉のジンギスカンはどこか「小樽運河」のごとく、どこか北海道に根ざした歴史のようなモノをを感じさせます。

”共栄食肉 運河焼肉ロースジンギスカン” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道グルメマート
運河焼肉ロースジンギスカン-7.jpg

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 09:02 | Comment(0) | ジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする