スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2012年01月21日

マルちゃん やきそば弁当 ナポリタン味

やきそば弁当 ナポリタン味-1.jpg

あまりの商品展開の速さに、ついて行くのがやっとの感じではありますが、東洋水産が北海道において絶対的な人気を誇る”やきべん”シリーズに、またまた新しい味が加わりました。
マニアの予想のウラをかいて、より身近な所に着目した感のある、何だかありそうなんだけれども意外となかった味マルちゃん やきそば弁当 ナポリタン味が2012年1月23日(月)より北海道限定で新発売となりました 。
テレビではタカトシ出演の
「”やきそば”にするか?”ナポリタン”にするか?」
と悩むCMもチラホラ流れはじめていて、おそらく多くの道民がその味が気になり、さっそく確認している頃ではないかと思います。
外観はナポリタン色とも言えるオレンジを基調としたパッケージで、近くの店の売り場で、目立つように特売で山積みになっているものを買ってきました。
とりあえず重要なチェックポイントである添付のスープが、やや洋風寄りのコンソメスープであることを確認したうえで表記されている調理法を読むと、ほぼスタンダードな作り方であり、そうなると もはやお手のモノでチャッチャと作って早速食べてみる事に。

やきそば弁当 ナポリタン味-2.jpgやきそば弁当 ナポリタン味-3.jpg

ソースの絡みが良い細いめんに、トマトケチャップをベースに、ウスターソースの旨味と玉ねぎの甘味を利かせ、さらにチーズの風味がプラスされたソース、そこに赤ピーマンとパセリのふりかけも色合い良く、傍には相性バッチリのコンソメスープ。
アッという間に食べ終えて改めて検証してみると、当初思っていたイメージとは少し違い、ナポリンタン特有の、トマトケチャップが前面に出ているやや甘めな味付けを想像していましたが、意外とスパイシーでフレッシュなトマトそのものを感じられ、やや大人向けの味な気がしました。
が、辛いのが苦手なウチの小学生の娘もペロリと食べていましたので、お子様でも美味しく食べられるようです。

やきそば弁当 ナポリタン味-5.jpgやきそば弁当 ナポリタン味-4.jpg

<原材料名>

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、食塩、卵白)、ソース(トマトケチャップ、砂糖、ソース、植物油、食塩、野菜エキス、香辛料、たん白加水分解物、ポークエキス、チーズパウダー、豚脂)、コンソメスープ(食塩、チキンエキス、砂糖、醤油、香辛料、パセリ、植物油)、かやく(たまねぎ、赤ピーマン、パセリ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸カルシウム、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、パプリカ色素、酸味料、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1

どうでも良い事かもしれませんが、やきそば弁当 ナポリタン味なわけですから
「中華なのか、イタリアンなのか」
の問題に直面し、画像の見た目を考えてパッケージにあるようにフォークで食べようかとも思いましたが、”ナポリタン”なるスパゲティは 本場イタリアには存在しないようですから、結局、オーソドックスに”ハシ”を使って食べました。

”マルちゃん やきそば弁当 ナポリタン味” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道グルメマート
やきそば弁当 ナポリタン味-6.jpg


スポンサード リンク

🏠
posted by nadenadeboy at 13:31 | Comment(0) | インスタントやきそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

マルちゃん やきそば勉当 しょうが焼味

やきそば勉当 しょうが焼味-1.jpg

新年を迎えて早々ではありますが、マルちゃんこと東洋水産が、いよいよやって来る受験シーズンに向けて、その戦いの主人公である受験生を応援するべく、北海道でNO.1のシェアを誇るカップやきそばの”やきそば弁当”改め、やきそば勉当 しょうが焼味を、何ともおめでたいことに2012年の元日に発売しました。
当然、”やきべんシリーズ”の仲間ですから北海道限定の商品かと思いきや、日本各地で日々頑張っている受験生を平等に応援したいとの考えからなのか、北海道以外での知名度が低いにも関わらず、なぜか全国発売になっています。
パッケージを見ると”しょう(勝)が焼味”だったり、”やきそば勉(弁当)当”だったり、少し引いてしまうくらいダジャレオンパレードではありますが「がんばれ受験生」や「必勝祈願!」の文字が表す通り、食べた受験生全員の合格を願っている商品であり、さらに(ドコサヘキサエン酸)が100mg含まれておりますので、追い込みに入っている毎日の受験勉強において、少しでも役に立つよう栄養面からも受験生を応援している商品であります。

やきそば勉当 しょうが焼味-5.jpgやきそば勉当 しょうが焼味-2.jpg

作り方は通常の”やきそば弁当”と全く同じで、かやくを麺の下に潜らせ(フタに付かないようにするためで、あくまで我流です)、熱湯を注ぎ、フタをしてその上に液体スープをのせて温め、3分経ったら中華スープの素を入れたカップに麺のもどし湯を注ぎ、本体に液体ソースを入れて、まんべんなく味が付くようにかき混ぜたら出来上がりです。

やきそば勉当 しょうが焼味-3.jpgやきそば勉当 しょうが焼味-4.jpg

出来上がりを前にして、兎にも角にもまず初めに感じるのは、ネーミング通りの食欲をそそる”しょうが”の香りで、風邪などには気を付けたいこの時期の受験生にとって、免疫力がアップしそうなとてもありがたい香りです。
味の決め手のポークエキスを効かせたしょう油味ベースで甘いオニオンエキスが加わったソースは、まるで”豚肉のショウガ焼き”を連想させ、そこにオーソドックスな具材のキャベツと、さらに薬味的な紅ショウガがアクセントとなり、モチロン”しょうが”も加わって、一風変わった、面白い感じの”カップやきそば”に仕上がっています。
麺は思っていた通りの細めのなめらかな麺で、この斬新なソースとの相性も良く、違和感もないですし、気になる別添スープは、基本の中華スープにわずかにプラスの”しょうが”が、小粒ながら「イイ仕事してるじゃん」と、納得できる味になっています。

お正月気分もソコソコに、将来を占う大事なシーズンのクライマックスを迎えて、いよいよ追い込みに必死で、食事の時間もおしいであろう受験生ですが、シッカリ食べることも大切なことですので、 マルちゃん やきそば勉当 しょうが焼味を食べて体調万全の状態で本番を迎えてほしいです。
とか言いつつ、商品のコンセプトを考えるとこの時期だけの限定販売のように思われますので、緊迫した状況に無い受験生以外の方にも、早めに食べてみてその一風変わった味を確かめてみてほしいです。
同時発売の "マルちゃんがんばれ!受験生"シリーズには、こちらもダジャレパワー全開のラーメンとうどん 「麺づくりで点づくり ごま油香るわかめ塩」 「とんとん拍子に合格豚カレーうどん」 もありますので、そちらも早急に食べてみようと思います。

<原材料名>
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、 食塩、卵白)、ソース(醤油、植物油、豚脂、 砂糖、発酵調味料、ポークエキス、食塩、香辛 料、DHA含有精製魚油、野菜エキス)、かや く(キャベツ、紅生姜)、しょうがスープ(食 塩、醤油、デキストリン、香辛料、チキンエキ ス、たん白加水分解物、ごま、粉末野菜、ね ぎ、植物油)、加工でん粉、調味料(アミノ酸 等)、香辛料抽出物、炭酸カルシウム、酒精、 カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、酸化防 止剤(ビタミンE、チャ抽出物、ビタミン C)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料 の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

”マルちゃん やきそば勉当 しょうが焼味” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 あさひやまストア
やきそば勉当 しょうが焼味-6.jpg


スポンサード リンク

🏠
posted by nadenadeboy at 00:01 | Comment(0) | インスタントやきそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

日清 北の焼そば 十勝豚丼風焼そば

北の焼そば 十勝豚丼風-1.jpg

日清食品が10月3日に北海道限定商品として発売開始したのが、「日清 北の焼そば 十勝豚丼風焼そば」です。
「日清 北の焼そば」シリーズは、「北海道のおいしいメニューを焼そばで再現する」をコンセプトに”北海道日本 ハムファイターズの公認商品”として販売されているカップやきそばシリーズで、2010年3月に発売した「ウインナー入りソース味」、「焼とうきび風しょうゆ味」、2010年 8月に発売した「オホーツク北見塩やきそば」、2011年3月に発売した「函館いか めし風しょうゆ味」に続く第5弾で、道東十勝のご当地B級グルメである「豚丼」の味わいをカップやきそばで再現しています。

北の焼そば 十勝豚丼風-2.jpg北の焼そば 十勝豚丼風-3.jpg

「豚丼」は十勝の中心都市である帯広市発祥で有名な店もたくさんあり、札幌などからも豚丼を食べるためだけに訪れる方などもいるほど、人気の店が十勝にはたくさんあります。
基本的にはしょうゆと砂糖をベースにした甘辛いたれで豚肉を焼き、ご飯の上にのせた料理ですが、それぞれの店で味わいも違い、独自のこだわりもあるようです。
発展し続ける「豚丼文化」の中、家庭でも簡単に美味しく豚丼を作る事ができる、北海道で人気の「豚丼のたれ」メーカーの「ソラチ」 が味の監修をし、やきそばの麺に合うように工夫された”たれ”の味により「日清 北の焼そば 十勝豚丼風焼そば」が誕生しました。
「日清 北の焼そば 十勝豚丼風焼そば」の発売に合わせて、惜しくも数量限定ではありますが「日清 北の焼きそば 十勝豚丼風焼そば」 「日清 北の焼きそ ば ウインナー入りソース味」 「日清 北の焼きそば オホーツク北見塩焼そば」3品にファイターズ選手のオリジナル シール が付いてくるキャンペーンなんてのもやっています。

北の焼そば 十勝豚丼風-4.jpg北の焼そば 十勝豚丼風-5.jpg

原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、香辛 料)、スープ(醤油、糖類、豚脂、ポークエキス、た れ、香辛料、香味油、魚介エキス)、かやく(味付豚 肉)、加工でん粉、炭酸Ca、かんすい、カラメル色 素、乳化剤、増粘剤(キサンタンガム)、グリセリン、 調味料(アミノ酸等)、香料、酸化防止剤(ビタミン E)、ビタミンB2 、ビタミンB1、香辛料抽出物、 (原材料の一部に乳成分、さば、鶏肉、ゼラチンを含 む)

北の焼そば 十勝豚丼風-6.jpg北の焼そば 十勝豚丼風-7.jpg

パッケージを開けるとソースと七味唐辛子の袋と モチロン「ファイターズシール」が入っていまして、それらを取り出し、熱湯を注ぎ3分経ったらお湯を捨て、ソースをからませる、いたって普通のカップやきそばの作り方です。
麺はちょうど良い感じの「中細麺」で、「まさに豚丼」と思わせる、甘めの味に、わずかですが豚肉が入り、そこに”ピリッ”と七味唐辛子がきいています。
正直、七味唐辛子はもう少し欲しい感じになり、ちょっとだけプラスしました。
ソースのベースとなる材料に”ソラチの豚丼のたれ”を使い、豚肉を焼いた時の香ばしさ、脂のうま味、風味はまさに”豚丼”ですので、もしかしたら豚肉を焼いてトッピングしてもイケるかもしれません。 

”日清 北の焼そば 十勝豚丼風焼そば” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道グルメマート
北の焼そば 十勝豚丼風-8.jpg


スポンサード リンク

🏠
posted by nadenadeboy at 10:00 | Comment(0) | インスタントやきそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする