スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2014年02月04日

サンマルコ食品 コロッケ

サンマルコ食品 コロッケ-1.jpg

日本人が大好きな揚げ物のひとつで、我が国の食生活に西洋の食文化を広く浸透させた先駆け的な存在であり、手軽に食べられる庶民派洋食でもあるコロッケ
あらためてコロッケなる食べ物を簡単に解説してみると
「ジャガイモを茹でて潰したものに 香辛料や調味料、挽き肉等の具を混ぜて丸め、形を整えてから 小麦粉、溶き卵、パン粉 の順で衣をつけ、食用油で揚げた食品」
が、日本国内で一般的に言われているコロッケであります。
当然洋食メニューのひとつですから 西洋で食べられていたメニューを起源としていることは間違いなく、ルーツはフランスの”クロケット(croquette)”であるという説が有力に思われているものの オランダやポルトガルにも似たような食べ物があるのも確かで はたして日本のコロッケがどこから伝わり広まっていったのか、ハッキリとした根拠がなく判然としていないのが現状であります。

皆さんが日頃から慣れ親しんでいる 安くて美味しいコロッケに関しては 西洋のとある食品をヒントにしているものの、あくまでも日本国内で独自に創作され広まって行った「日本人向けコロッケ」であり、それぞれの家庭や精肉店、惣菜店がオリジナルの美味しさを追求することにより歴史を作ってきた 国民的”B級グルメ”であります。

単にコロッケと言っても、料理の手間を省きたい時に調理済みの品を買い献立の一品にしたり、店先で出来立てを買いファーストフードとして即味わったり、いわゆる完成品のコロッケもポピュラーでありますが、家庭で調理する冷凍コロッケも多くの食品メーカーが製造しており、多様な商品が店頭で販売され食卓に出されています。
大手食品メーカーのコロッケも様々売られていますが、北海道で最も親しまれ 沢山食べられている「家庭用冷凍コロッケ」と言えばサンマルコ食品のコロッケであります。
サンマルコ食品は札幌市厚別区厚別東に本社があり 高品質の冷凍食品を製造する食品メーカーとして昭和 54年(1979年)に設立されました。
札幌の他 恵庭、浦幌、津別 に自社工場があり、地元北海道で生産された 新鮮かつ安全で良質な素材をフルに活用し 冷凍食品を中心にさまざまな商品を製造しています。
実は サンマルコ食品で製造している商品の大部分がコロッケであり、まさに「巨大なコロッケ屋さん」として北海道の各家庭で親しまれ、北海道を地盤に着実に成長してきた企業なのであります。

サンマルコ食品 コロッケ-5.jpgサンマルコ食品 コロッケ-7.jpg

コロッケの主原料である「ジャガイモ」は北海道の専売特許とも言える農産物であり、日本国内の収穫量の約8割が北海道産で、銘柄や品種的にはいろいろありますが 普段皆さんが口にしている「ジャガイモ」はかなりの確率で北海道生まれであります。
道外のメーカーがいくら頑張っても 「ジャガイモ」の生産地である北海道で 直に原料調達し製造されたコロッケの新鮮な味には敵うはずも無く、まさしく地の利を存分に活かし、道民を満足させる美味しいコロッケを製造、販売しているのがサンマルコ食品なのであります。

サンマルコ食品のコロッケは 昼夜の温度差が大きく、ミネラル豊富な伏流水に恵まれている「ジャガイモ」の名産地「羊蹄山麓産」を中心とした「男爵イモ」を主原料として使用しています。
品質の高さに定評のある獲れたての「羊蹄山麓産男爵イモ」は 長期にわたり「ジャガイモ」を生鮮保存できる貯蔵庫を完備した「JAようてい」の施設から サンマルコ食品の各工場へと直送されています。
時期を問わず 品質の高い「男爵イモ」を年間を通して確保する流通体制が整えられており、「ジャガイモ」の味がそのまま美味しさの決め手となってしまうコロッケだからこそ 素材から吟味して製品化するという「コロッケメーカー」としてのこだわりを感じます。
「男爵イモ」の特徴は、白い肉質で澱粉質とビタミンを豊富に含み栄養満点、「ジャガイモ」本来のほんのり甘い風味と口の中でほどけるような「ホクホク」とした食感にあります。
サンマルコ食品のコロッケの味わいはまさに「男爵イモ」の味わい、いやいや それ以上にパワーアップされた美味しさであります。

サンマルコ食品 コロッケ-2.jpgサンマルコ食品 コロッケ-3.jpgサンマルコ食品 コロッケ-4.jpg

調理法はすこぶる簡単、凍ったままのコロッケをそのままサラダ油などで揚げれば出来上がりです。
今回はじゃがいもコロッケ「男爵」 「牛肉」 「カレー」 を購入し食べさせていただきました。
いずれも中身のベースである「ジャガイモ」が「ホクホク」で、「男爵」 はそのままダイレクトに「ジャガイモ」の甘みを感じられ、「牛肉」 は肉がわずかに入っている程度ですが確かに牛肉の旨味が活きていますし、「カレー」 はスパイシーというよりは家庭の甘口カレーのような素朴な味わいで、それぞれの個性が「ジャガイモ」の風味と共に楽しめます。
いずれも「衣のサクッとした食感」と中身のベースである「ジャガイモのホクホク感」が相まって 「超美味っ!」とは行かないものの 値段を考えると十分に満足できる美味しさであります。
三種類とも”恵庭工場”で造られていますが、十勝の”津別工場”が、町内の酪農家から仕入れた新鮮な生乳を使用し製造している クリームコロッケグラタンなどの製品も、洋食屋さん顔負けのクリーミーな味わいで、こちらもおススメのサンマルコ商品であります。

コロッケと言えば ご飯のおかず、お弁当の一品、パンに挟んで、おやつとしてかぶりついたり、カレーやスパゲティのトッピング・・・・
などあらゆる用途で使われ、コロッケが名物のお肉屋さんや惣菜屋さんがマスコミなどでピックアップされることも多く、人々の日常生活にすっかり入り込んでいる 良い意味でありきたりな食品と言えるでしょう。
値段の安さもコロッケの魅力のひとつですが、だからといって不味いのは嫌ですし 出来れば食べたくないものですが サンマルコ食品 コロッケは「安いくせに美味しい」という庶民の要望を完璧に満たし、「北海道生まれの素材」 「作り手も北海道」 の まさに”北海道”が作り上げた 「北海道のご当地B級グルメ」であります。

”サンマルコ食品 コロッケ” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 サンマルコ コロッケ倶楽部
サンマルコ食品 コロッケ-6.jpg

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 00:00 | Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

宝永餃子

宝永餃子-1.jpg

全国それぞれの地方で親しまれ、”B級グルメ”のイベントなどに郷土の代表として出品され脚光を浴びている 「ご当地餃子」は多々ありますが、北海道の代表的な餃子と言えば、店舗もチルド商品もあり、日頃から多くの道民に親しまれているみよしのぎょうざの名が真っ先に挙げられます。
値段もお手頃でジューシーな味わい、老若男女に絶大な人気で、道内ではダントツの知名度を誇っています。
が、どちらかと言うと 大都市「札幌」を中心とした道央圏内に偏った話でありまして、全道民に共通した見解とは言い切れません。
広い北海道ですから地域によって独自の味や食文化が築かれるのも当然のことであり、餃子に関してもその土地で親しまれ、地域に根ざした「わがマチのウマい餃子」が 道内のあちらこちらに点在しています。

「帯広」を中心とした道東地方で圧倒的な人気を誇り、クチコミにより「札幌」はおろか、北海道中にその美味しさが認知され、それどころか”お取り寄せB級グルメ”として全国的に話題を集め、リピーターが続出している”十勝発の餃子”が宝永餃子であります。
宝永餃子は今から33年ほど前に「帯広」の隣町である「音更町」にかつてあった「宝永食堂」のメニューのひとつとして誕生しました。
食堂の女将さんが丁寧に手作りする餃子が「絶品」として評判になり、音更町内はもちろんのこと近隣の町からもお客さんが訪れはじめ、時には店先に行列を作るほどの大人気メニューとなり、餃子の美味しい店として「音更の宝永食堂」の名が広く知れ渡るようになりました。
その後、女将さんが亡くなり 仕方なく食堂を閉店する事となりましたが 「妻の餃子をなんとか残したい」 と思ったご主人が オリジナルのレシピを受け継いだ息子さんと二人で工場を立ち上げ 餃子の名店「宝永食堂」から お持帰り専門店「ぎょうざの宝永」として再スタートし 伝統の手作り餃子を販売するようになりました。
その後、苫小牧工場が新設されて、音更町の本店と同様に 先代が作り上げた宝永餃子を 一つ一つ あくまで手作りにこだわって丁寧に製造し 「女将さんの味」を日本全国に送り届けています。
さらに現在では 「しそ餃子」 「チーズ餃子」 「手羽餃子」 など、味のバリエーションも増えていますので、スタンダードな宝永餃子の ”王道の味との食べ比べ”と言う意味でも、いろんな味を楽しんでいただきたいところであります。

宝永餃子-2.jpg宝永餃子-4.jpg

宝永餃子は 安全性が確かで品質も高い、北海道産の素材を中心にした国産素材を100%使用して製造されています。
秘伝の「特製餡」は 豚肉だけではなく鶏肉のミンチも使われており、鶏肉がつなぎになって食感を良くするとともに 野菜の旨みを引き立たせ 「餡」全体に絶妙なバランスが生まれます。
そこに、「宝永食堂」の女将さんが編み出し、変わることなく受け継がれた門外不出の味付けが施され、一度食べたらやみつきになってしまう宝永餃子の「特製餡」が出来上がります。
その「特製餡」を包む「皮」は 「みよしのぎょうざ」よりもやや厚く、噛むと弾けるような弾力の 「モチモチッ」 「プリプリッ」の食感、焼き揚げ部分に関しては 軽快で心地よい 「パリッ!」 とした噛みごたえ、ただ単に「餡」を包んでいるだけではなく、宝永餃子全体のメリハリある食感を この「皮」が演出しています。

<原材料名>

豚肉、鶏肉、キャベツ、にら、にんにく、生姜、塩、胡椒、砂糖、調味料(アミノ酸等)、皮(小麦粉、塩、植物油)

作り方はインスタントラーメンなどを作るのと同じくらい超簡単、手順に従えば誰でも失敗することなく美味しい餃子が作れます。
しかも冷凍状態のまま調理するので 好きな量だけ取り出して作れるところも便利で嬉しいポイントであります。

<焼き餃子の作り方>

1.フライパンに凍ったままのぎょうざを並べます。(テフロン、フッ素加工されたものをおすすめします)
2.餃子が半分隠れるくらい水を入れ、フタをして火にかけます。
3.沸騰したらそこから4〜5分茹で、水分を全て捨てます。
4.大さじ1杯強の油を入れて約1分 焦げ目が適度に付くまで焼いたら完成です。
5.タレなしでも美味しく召し上がれますし、お好みで酢やラー油、タレをつけても良いでしょう。

その他の作り方を簡単に・・・
<ゆで餃子>
鍋にたっぷりのお湯を沸かし、餃子を凍ったまま入れ、ゆっくり混ぜながら 約8分間茹でて出来上がりです。
<蒸し餃子>
沸騰させた蒸し器に凍ったままの餃子を入れて 約10分間蒸して出来上がりです。

宝永餃子-5.jpg宝永餃子-3.jpg

製品の個数を見ると 少々値段が高いように感じますが、宝永餃子の一個は 家庭用として売られている他社規格の一個とはまるで違います。
ずんぐり丸々とした個性的な形状で、「皮」の中に「特製餡」がぎっしりと詰まっているのが一目瞭然、箸で持つとズッシリとした感触が手から伝わり あらためてその密度の高さを実感します。
ひとくち食べると、隙間なく閉じ込められていた「特製餡」の旨みと肉汁が”ジュワァ〜”っと溢れ出て来て 口の中いっぱいに容赦なく広がり 「皮のモチモチ感」 「キャベツやニラのシャキシャキ感」 「ニンニクとショウガの風味」 などがそこ加わって、なぜ宝永餃子が爆発的な人気を呼んだのかが 理屈抜きで理解できる納得の美味しさであります。
正直なところ、豚肉と鶏肉の「合い挽き肉」を使うのは 「コストダウンの狙いがあるのでは?」と勘繰っていましたが、豚肉から出るジューシーな脂と野菜が持つ味わいを 比較的淡白な鶏肉が取り持ち、いくら食べても飽きが来ない味わいのための重要な繋ぎ役、引き立て役になっていることが食べてみると良く分かり、あくまで「コスト」ではなく 「美味しさ」のためのこだわりの手法であることを思い知らされました。

宝永餃子は 酒のつまみにもってこいで 特にビールとは相性バツグン、どちらもはかどってしまって 少々困ってしまうくらいです。
当然、ご飯のおかずとしても最適で、子供たちの食べる勢いをセーブするのにひと苦労するほどであり、食べ終えた直後のその口から「また食べたい」との台詞が飛び出すほど気に入られて、日常的にしつこくリクエストされています。 
個人的な好みで言うと 「ビールには何もつけずそのまま」 「ご飯には醤油、酢、ラー油、ニンニクで作ったタレにつけて」 がベストと思っていますが、それぞれどちらでも美味しく食べられますし、自分好みの「つけダレ」を作ってみるってのも良いのではないでしょうか。

全国的に見ると美味しい餃子と言えば 宇都宮 浜松、もしくは王将 なんてキーワードが出てきますが 「北海道の餃子と言えば?」 の質問には かなりの確立で「みよしのぎょうざ」の名前が答として返ってくるでしょう。
確かに「みよしのぎょうざ」もジューシーでクセになる美味しさ、道民のDNAに組み込まれているかのごとく本能に浸み付いた味ではありますが、「宝永食堂」の女将さんが作り、十勝っ子が魅了された宝永餃子も それとはひと味違う餃子として、または、全く別次元の餃子として、間違いなく北海道を代表する餃子であり、例え「みよしの一筋のファン」であっても 一度食べたらやみつきになること間違いなし、いずれその勢力図も塗り替えられることになるかもしれません。
いずれにしても、宝永餃子の持つ美味しさが本物であるかどうかを、特に餃子にはうるさい、日本全国の”餃子通”の方に確かめていただきたいものであります。

”宝永餃子” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 そうごうページの通販
宝永餃子-6.jpg

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 15:53 | Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

にしん漬け

にしん漬け-1.jpg

北海道の冬の味覚であり、晩秋から初冬の時期になると各家庭で漬け込みが始まる、伝統的な郷土の逸品にしん漬け
その昔 「ニシン漁」により大いに栄えた「蝦夷地」は、「北海道」とその名が変わり文明の発達した今でも 冬の厳しさは相変わらずであり、当時の食料事情を思うと、この地に住んでいた人々は冬が来るたびに大変な苦労を強いられていたのではないかと思います。
にしん番屋で寝泊まりしていた「ヤン衆(当時の漁師)」たちにより考案され、彼ら自身の労働力を支える栄養源となっていたのがにしん漬けであり 過酷な冬を乗り越えるための保存食として、数の子を取った後の 商品価値が低く、捨てられたりすることもあったニシンの身を有効活用して作られた漬け物であります。
「なまらしばれる」屋外の樽から 食べる分を手持ちのボウルに移す時にチョットした冷たい思いをしますが、厳しい寒さに直面していた当時に比べれば 暖房設備の整った現在は 格段に恵まれていますし、美味しいにしん漬けにありつけると思えば 冷たい樽に手を入れるのも むしろ楽しみのほうが勝り 全く苦になりません。

にしん漬け-3.jpgにしん漬け-5.jpg

作り方に関しては、商品化されているものはともかく、それぞれの家庭で独自の流儀があり、もちろん大なり小なり味も違ってくるもので、どの家庭のにしん漬けも唯一無二の完全なるオリジナルであります。
定番とも言える基本的な材料を一通りあげると、本乾の身欠きにしん、キャベツ、大根、ニンジン、ショウガ、鷹の爪、麴、塩、などで作るのが一般的であります。
我が家のにしん漬けも材料は定番スタイルながら なにせ親の手造りであり、樽で大量に作り、材料の割合や塩、麴、鷹の爪の分量も本人の勘に頼っているところが多く、その行程を紹介したいところなのですが、正確な分量もいわゆる「適当」であり、例えレシピとして載せても、正直なところ味の保証が出来ません。
しかも 外に置いて漬け込むせいか その年の天候、気温次第で”まるでワインのように”味に違いが出てきますし、我が家のレシピを載せることは残念ながら控えさせていただきます。
今まさに食べているこの味の作り方と同じではないでしょうが、ネット上にたくさんのレシピが紹介されていますので、そちらを参考にしていただき、自分の好み、スタイルに合ったものを見つけてください。
最近では手軽に密封袋などに材料を入れて冷蔵庫で漬け込む方法もあり、昔ながらの大がかりな作業をすることなく 食べる量に合わせた食べきりサイズのにしん漬けも簡単に作れるようなので、栄養バランスが偏りがちな一人暮らしの方こそ ぜひ、にしん漬け作りに挑戦していただきたいものであります。

発酵食品であるにしん漬けは ヨーグルトなどと同じく活きた乳酸菌を体内に採り入れられる優れた健康食品であり、整腸作用はもちろんのこと、野菜のビタミン類や 「身欠きにしん」が持つカルシウムやミネラル分などもタップリ採れて しかも嬉しいことに低カロリー、欠点など何ひとつ見つからないほどの まさに完全栄養食であります。
何より「にしん漬け中毒」真っ只中で やや食べ過ぎ傾向にある我が身の体調の良さが その優れた効果を如実に表していると思います。

にしん漬け-7.jpgにしん漬け-8.jpg

「キャベツ」や「大根」のシャキシャキとした食感と甘み、噛んでいるとジワっと滲み出てくる「身欠きにしん」の凝縮された旨み、そして「ショウガ」や「鷹の爪」の辛み、全体に広がる「麹」の風味と適度な酸味、その絶妙な味のバランスは 若い時は分からずとも年齢を重ねるごとにジワジワとクセになって来る、にしん漬け特有の美味しさなのです。
個人的には酒のつまみとして味わうのが好きで、この時期には毎日のように一杯やりながら食べていますが、ご飯にピッタリの味としておかずにする方も多く、用途や食べ方については人それぞれであります。
健康のためにも出来れば育ち盛りの子供に おやつとして食べさせたいところなのですが、残念ながらウチの子の反応はイマイチでありまして おそらくこの味を好きだというシブい趣向の子供は希なのではないでしょうか。

にしん漬けは他の漬け物と比べてみても塩加減が低めで「しょっぱい!」と感じることがほとんどなく、無意識に箸がススみ キリがないほど食べ続けられる漬け物であります。
また、にしん漬けの特長である酸味は 漬け込み時間の経過とともに乳酸発酵が進むことで生まれるものですが、この酸味がくせ者で 気温が高めだったり塩分が弱めだったりすると酸っぱくなりすぎてしまうことがあります。
そんな時はガーゼなどにタマゴやホタテの殻を細かくして入れ、にしん漬けと一緒に漬け込んでおくと、殻のカルシウムが酸っぱさと結合しほどよく中和してくれます。
外に樽を置いて漬け込むので、自然が相手だけに凍ったりすることもあるのですが、それはそれで”ガリガリ”または”シャリシャリ”と面白い食感が楽しめ、人によってはこっちの方が好きだという方もいます。
その他、醤油をかけて食べる人もいたり、麹を使わずに作る人がいたり、同じにしん漬けとはいえ、作り方食べ方は千差万別であります。
体に良いとは分かっていても 大量の生野菜を一気に食べるのは不可能だと思いますが、にしん漬けの野菜は自制しない限りビックリするくらい大量に食べ続けてしまいます。
けして菜食主義ではない自分が、一年の中で最も野菜を食べるシーズンがまさににしん漬けのシーズンであり、野菜嫌いの方や野菜不足を感じている方には特にオススメの 歴史ある”B級グルメ”であります。

”にしん漬け” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道グルメプレイス
にしん漬け-6.jpg

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 00:00 | Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする