スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2012年07月25日

菊水 寒干し余市りんごのほっぺ冷しラーメン

菊水 寒干し「余市りんごのほっぺ」冷しラーメン-1.jpg

賞味期限が長い事、作り方が簡単なこと、さらにパッケージ形態からも”インスタントラーメン”と思われがちですが、実は本格的な生ラーメンである菊水 寒干しラーメンと 道内における”フルーツ王国”と言えば真っ先に挙げられる”余市町”の 100%りんごジュースJAよいち りんごのほっぺ がコラボした「冷しラーメン」が菊水 寒干し余市りんごのほっぺ冷しラーメンです。
「冷しラーメン」と聞くと道外の方は”山形”で名物となっている ごく普通の”アツアツ”ラーメンを冷たくしたような、スープもタップリでドンブリもそのままの「冷しラーメン」を思い浮かべる方が多いと思いますが、北海道で「冷しラーメン」と言えば、冷したラーメンの麺に キュウリ、錦糸タマゴ、ハム、等の具を載せ酸味のあるしょう油ベースのタレをかけた、道外では一般的に「冷し中華」と称されているモノなのです。
あくまで個人的な推測ですが、東京などではラーメンの別名「中華そば」の冷たいバージョンを「冷し中華」と名付け、夏場のメニューにしたと思われるのですが、北海道ではラーメンの事を「中華そば」と呼ぶ習慣が無く 「冷し中華」と聞いてもピンと来ないこともあり「冷しラーメン」と呼ぶようになったのだと思います。

菊水 寒干し「余市りんごのほっぺ」冷しラーメン-2.jpg菊水 寒干し「余市りんごのほっぺ」冷しラーメン-4.jpg

そんな「冷しラーメン」のリーズナブルで調理も簡単なお手軽商品が菊水 寒干し余市りんごのほっぺ冷しラーメンです。
まずは麺ですが、北海道を代表する製麺会社”菊水”の、じっくり熟成させた生麺を非加熱で乾燥させて小麦の旨味を封じ込める独自製法「寒干し製法」により造られた麺は、まさしく生麺そのままのしっかりとしたコシと滑らかな口当たり、スープがほど良く絡む中太麺です。
スープは「りんごのほっぺ」のフルーティな甘味にハチミツが加えられたマイルドな味わいで、サッパリ感を出すのに必要な”酸味”が幾分控えめでありつつもクドさが無く スッキリとした味に仕上がっています。
注意点として、常温保存できる商品であるが故にうっかり忘れてしまいそうなので、せっかく冷した麺が台無しにならないよう、調理前に”スープはしっかりと冷やして”から麺にかけてください。

<原材料>

めん 〔小麦粉、小麦たん白、食塩、卵白粉末、ソルビット、酒精、かんすい、クチナシ色素〕、打粉(加工でん粉)
スープ 〔砂糖、醸造酢、ぶどう糖果糖液糖、食塩、醤油、植物油脂、りんご果汁、はちみつ、香辛料、調味料(アミノ酸等)、酸味料、カラメル色素、甘味料(カンゾウ)、(原材料の一部に小麦を含む)〕

菊水 寒干し「余市りんごのほっぺ」冷しラーメン-5.jpg菊水 寒干し「余市りんごのほっぺ」冷しラーメン-3.jpg

具は冷蔵庫にあったものをかき集め、パッケージの写真を参考に、出来るだけ近い仕上がりになるよう調理してみました。
正直なところ”りんご”には若干の違和感を感じましたが、「ラーメンサラダ」的感覚でとらえると”アリ”と言う方もいるでしょうし、むしろその他の果物でもOKと言う方もいるかもしれませんので、その辺りはおまかせと言う事で。
錦糸タマゴ、ハム、きゅうり、などは定番の具として外せないところでしょうが、その他、トマト、茹でもやし、白髪ねぎ、千切りレタス、焼き豚、茹で鶏、さやえんどう、カニかま、ワカメ、キクラゲ、紅ショウガ、みょうが・・・・・
もはやトッピングに関しては書き切れないほどありまして、冷蔵庫の在庫状況を見て、あらゆる可能性を模索してみて下さい。

夏真っ盛りのこの時期、さすがの北海道もうだるような暑さに見舞われ、食欲もかなり落ち気味になりますが、そんな時に嬉しいのがこの菊水 寒干し余市りんごのほっぺ冷しラーメンであります。
長持ちするだけにタイムリミットを気にすることもありませんし、買い置きしておけば 食べたくなった時にいつでも取り出して食べることができるので、涼しさを感じられる夏の常備食品としてとっても便利な一品です。
北海道の暑さなんて道外の方が直面している猛暑に比べてみたらカワイイもので、「暑い!」なんて口にする事自体なんだか申し訳ない気持ちにもなりますが、そんな強烈な暑さに参っているすべての方に是非とも贈りたい北海道発の”暑中見舞的B級グルメ”が 菊水 寒干し余市りんごのほっぺ冷しラーメンです。

”菊水 寒干し余市りんごのほっぺ 冷しラーメン” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道麺SHOP 北の麺ぐるめ
菊水 寒干し「余市りんごのほっぺ」冷しラーメン-6.jpg

スポンサード リンク

🏠
posted by nadenadeboy at 02:50 | Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

菊水 北海道てつや塾

菊水 北海道てつや塾-1.jpg

北海道における人気のラーメン店として、誰もが知っていて、今や「さっぽろラーメン」の代表格となっている”らーめんてつや”
創業が1997年と歴史は浅いもののラーメンの激戦地である札幌でその味が認められ、多くのリピーター、ファンを生み、札幌に6店 東京に1店を構えています。
むしろその人気の度合いからいうと、倍以上の出店をしててもおかしくないような気もしますが、そこにはすぐに”おだったり”するようなことのない実直さを感じとる事ができます。

店主である”内海 てつや”氏は高校時代にラーメン店でアルバイトとして働き、その後、ラーメン店でアルバイトしながら役者を目指すも、27歳の時札幌に戻り、半年後に”らーめん てつや”をオープン。
しかし、自分自身がラーメン好きで、長い間ラーメン作りに携わったせいか、多くの人に喜ばれる味にしようと万人受けするラーメンを提供した結果、個性、インパクトの感じられないその味に イマイチ客足は伸びず、店をたたむ事を考え始めました。
「どうせ店をたたむくらいなら、最後に自分の味で勝負しよう」
と、オリジナルをとことん追求して生み出した、黄色い太めのちぢれ麺と濃厚なこってりスープ、表面に見える背脂が特徴的な、好き嫌いがハッキリするであろう”てつやのラーメン”
確かにその味を嫌うお客さんもいたようですが、他所にはないこの味にハマって通いつめる常連さんが一気に増えて評判となり、さらに口コミによる効果も手伝って、「一度食べたら、また食べたくなるラーメン」として有名になり、常に”ラーメンランキング”の上位にランクされる名店のひとつとなりました。

一躍人気のラーメン店となりながら 浮き足立つことなく、着実に歩んでいる”らーめんてつや”の監修により、北海道に根差した製麺会社で 寒干しラーメンなどで知られている”菊水”が製造、そこに旅行専門雑誌の”北海道じゃらん”が一枚加わり、家庭で手軽に味わえるラーメンとして創り上げたのが菊水 北海道てつや塾です。

菊水 北海道てつや塾-2.jpg菊水 北海道てつや塾-3.jpg

<麺>
北海道産小麦を100%使用し、じっくりと熟成させて造り上げた、ツルツル・もちもちの食感で、ほど良くスープが絡んでだしの旨味が実感でき、ノド越しの良さも心地良い中太麺に仕上がっています。
<スープ>
「和風だし醤油とんこつ」
ポークの旨みが溶け込んだ白湯スープに、かつお節と煮干しの和風だしをきかせたコッテリとアッサリが融合しているまろやかな味わい。
「和風だし鶏しお」
野菜と一緒に炊き出した鶏ガラスープをベースに、かつお節と煮干しエキスの和風だしをきかせ、隠し味にあさりエキスの旨みを効かせたスッキリとした味わい。

”らーめんてつや”の店メニューとしては 代表作の「背脂とんこつ正油」のほか「みそ」 「塩」、みそ辛系の「じゃんじゃんめん」 ピリ辛系の「とんこつ辛か麺」 和風とんこつ正油「三代目 てつや正油 〜匠〜」などがありますが、菊水 北海道てつや塾の二つの味に関しては該当するメニューがなく、自分で作って食べるしかない”てつや”の味と言えるでしょう。

菊水 北海道てつや塾-5.png菊水 北海道てつや塾-7.png

”らーめんてつや”の監修で、定番であるこってり系の家庭向け生ラーメンも 「とんこつ正油」 「とんこつ味噌」 の二種類が菊水の製造で商品化されており、こちらはまさに濃厚で深い味わいの「これぞてつや!」と思わせるガッツリ来る食べごたえです。
いずれの商品も手軽に家庭で作れて、しかも名店である”らーめんてつや”のラーメンをそれほど高くない値段で味わえるわけですから、菊水”てつや”シリーズにネギやタマゴなどの具材を用意してパパッと作れば、我が家の食卓がまたたく間に”あの人気ラーメン店”に早変わりしてしまいます。

”菊水 北海道てつや塾” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道麺SHOP 北の麺ぐるめ
菊水 北海道てつや塾-4.jpg

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 05:37 | Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

西山ラーメン

西山ラーメン-1.png

北海道の特に札幌では ラーメン店が新規開店の際に、製麺会社が「のれん」を贈るという習慣が古くからあり、「のれん」の片隅に”西山ラーメン” ”西山製麺”の文字をよく見かけます。
美味しいと評判のラーメン店でも、こと麺に関しては「西山製麺株式会社」との共同開発でその味を創り上げ、その店独自の麺を製造依頼しているお店も多く、まさに「札幌ラーメン」の歴史を創り上げた老舗の製麺会社なのです。
誰しも、知らず知らずの間に「西山」の麺を食べちゃってる場合も多いのです。

西山ラーメン-4.jpg西山ラーメン-7.jpg

「西山ラーメン」のルーツを辿ると、昭和20年代、札幌中心部に流れる創成川沿いに並んでいたラーメン屋台「だるま軒」で麺を作っていたのが、「西山ラーメン」の創業者「西山仙治」であり、その麺が評判を呼び始めると、ライバルとも言える他のラーメン店でも「西山」の麺が利用され、その後札幌市内を中心に広まって行きました。
ブレイクしている話題のラーメン店でも元を辿れば
「西山の麺を使っています。」
と言う場合も多く、ヘタに自家製麺がウリの店よりも100%間違いの無い味で、ハズレを引いてしまう事なく安心して食べられます。

西山ラーメン-6.jpg西山ラーメン-8.jpg

その昔、「豚汁にラーメンを入れて欲しい」と、客から言われたことをきっかけに札幌ラーメンの代名詞「味噌ラーメン」を創り出した「味の三平」が、麺に関しては「西山製麺」のモノを使っていた事で、さらに北海道内におけるシェアを伸ばし、札幌ラーメンはもちろん、それぞれのスタイルを確立しつつある道内の各ご当地ラーメンの土台を支えて来ました。
ですが、近年は新興の製麺会社も増えて来て、麺のスタイルも幅広く多様化しており、その勢いも落ち着いた状態ではありますが、「西山ラーメン」のやや太めのコシのある縮れ麺は、特に味噌ラーメンで力を発揮し、スープとの絡み具合がほど良く、なんとも絶妙で、麺を食べているのにココのお店のスープが美味しいのかどうか、ひと口すするだけで判断出来ちゃいます。

西山ラーメン-5.jpg西山ラーメン-2.jpg

「西山ラーメン」はラーメン専門店だけではなく、嬉しい事に 家庭用や土産用の商品を多数販売しており、本格派のラーメンが手軽に食卓で味わえます。
ただし、他の製麺会社のように「タレつき2食入り 198円!」と言うような特売品は なかなか無く、逆に言うとレベルダウンだけは避けているようで、価格よりも品質にこだわっている様子がうかがえます。
我が家では、麺のみ5食入りのモノを リーズナブルな事もあり頻繁に買いますが、たまに余裕があるとタレつきのアップグレード版「西山ラーメン 〇〇」を買ったりしています。
ひとことで表現すると
「ズバリ! 外で食べる必要が無い!」
と思わせてくれるのです。
あっさり系からこってり系まで、「味噌」 「しお」 「醤油」 「つけ麺」 「冷し」 いろいろな商品が販売されていて、 札幌ラーメンの歴史と共に歩み、その地位を影で支えた「西山ラーメン」を、ラーメン店へ行くよりも安いコストで食べることができます。
「メンマ」 「チャーシュー」 「タマゴ」 など入れる具があるに越したことはありませんが、個人的には 「長ネギ」 さえ入っていれば最高の贅沢で、何も言うことはありません。

”西山ラーメン” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道お土産探検隊
西山ラーメン-3.jpg

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 13:41 | Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする