スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2014年06月05日

マルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ

マルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ-1.jpg

「マルちゃん」でお馴染み 「東洋水産梶vの麺づくりと言えば、北海道以外の地域だと 「ノンフライ麺」の「カップめん」の方を思い浮かべる方が大半だと思いますが、北海道では ”2食入り家庭用生ラーメン”の麺づくりの方が一般的であり、手ごろな値段で買える「本格的な生ラーメン」の銘柄として完全に浸透し定着しています。
もちろん「カップめん」の麺づくりも売られていますが、民族性の違いからなのか、もしくは売り手のプッシュの仕方からなのか、道外と比べてみると それほどメジャーにはなっていないように感じます。
他の要因もあるのかもしれませんが、それら諸々の事情により「生(チルド麺)」の麺づくりに関しては 「北海道限定販売」の方針がとられているのではないでしょうか。

ちなみに「カップめん」の「マルちゃん 麺づくりシリーズ」は、コシと食感が ”まるで生めん” の「ノンフライ麺」がウリの、ひと味違う「カップラーメン」として  「みそ」と「しょうゆ」の ふたつの定番味により1992年に発売開始、味のバリエーションを徐々に拡げながら「ノンフライ系カップめん」のジャンルで常にトップの座を保ち続けており、今や「東洋水産梶vが販売している数多くの「カップめんシリーズ」の中でも 代表的なロングセラーシリーズとして親しまれています。

そして今回紹介する マルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ は 「カップめん」とは一線を隔す「生(チルド麺 ) 麺づくりシリーズ」 の中において 最もポピュラーかつスタンダードな味であり、途中、若干のマイナーチェンジがありつつも 発売当初から多くの道民に食べられて来た  「生(チルド麺 ) 麺づくり」ブランドを支えている主力商品であります。

マルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ-2.jpgマルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ-7.jpg

は、強く張りのあるコシと弾力、なめらかな口当たりで喉ごしも良く、風味豊かな「四層熟成ちぢれ麺」であります。
太さも丁度良い感じの「中太麺」で、適度なちぢれ具合と相まってスープが絡みやすい麺に仕上げられています。

スープは「特製とんこつダシ」が利いた「あわせ味噌とんこつスープ」で、深いコクと適度なコッテリ感、濃厚でありながら飽きが来ず、ガッツリ系でありながら旨みも楽しめる本格的な味わいになっています。
いつもその尾を引くスープの後味が 妙に名残惜しくなってしまい、塩分やカロリーなども気にせずに 必ず飲み干してしまいます。

<原材料名>

めん((小麦粉、食塩、小麦たん白、卵白、酒精、かんすい、トレハロース、乳酸ナトリウム、クチナシ色素)、打粉(加工でん粉))、添付調味料(味噌、豚脂、ポークエキス、香辛料、食塩、野菜エキス、香味油脂、砂糖、酵母エキス、ごま油、醤油、チキンエキス、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、増粘多糖類、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦を含む))

マルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ-3.jpgマルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ-4.jpg

「札幌ラーメン」と言えば、「味噌ラーメン」と来るのが当たり前で、北海道および札幌の 屈指の名物グルメとして全国的に認知されています。
特に寒さ厳しい冬に食べると 体も暖まって最高にウマい 濃厚な味の「札幌ラーメン」は、コッテリとしたトンコツスープをベースにして作られた「味噌とんこつラーメン」が一般的であります。
とは言え 札幌市内だけでもたくさんのラーメン店があり、「味噌ラーメン」と一言で言っても、店それぞれの個性があり、濃厚な味ばかりでなく、中には 鶏ガラスープを多目に合わせたり、野菜の旨味をふんだんに利かせたりして、「アッサリ味」をウリにした わりと上品な「味噌ラーメン」もあります。
「味噌ダレ」の風味も 各店のこだわりがあり、白味噌 赤味噌 合わせ味噌 など 「味噌ダレ」の系統も千差万別、細かく分類された複数の「味噌ダレ」から 好みの味を選択できる「〇〇味噌ラーメン」を通常メニューにし、多様なニーズに応えている店もあります。

マルちゃん 麺づくり 味噌とんこつは ほどよい「トンコツスープ」のコッテリ感と風味豊かな「合わせ味噌」の組み合わせによる、比較的オーソドックスな味の「味噌ラーメン」であり、多くの人がイメージする、まさしく北海道名物の「札幌ラーメン」であります。
具は チャーシュー、ネギ、メンマ、など 一般的なものは当然合いますし、味付けゆで玉子なんてのがトッピングされていれば言うことなし、キャベツ、もやし、タマネギ、出来れば豚肉などをサッと炒めてのせれば、食べごたえ十分でヘルシーな「味噌野菜ラーメン」が出来上がります。
とは言え、個人的にはネギさえあれば十分で、一味唐辛子をパッと振って 少しピリ辛にするのがマイスタンダード、シンプルで質素ながらインスタントにはない「生めん」と「本格スープ」の美味しさが存分に味わえます。

全国的な動向は知らないのですが、北海道で売られている”2食入り家庭用生ラーメン”の分野は 販売量の点に絞って言うと 「菊水 コクシリーズ」 と 「マルちゃん 麺づくりシリーズ」 のふたつの銘柄が 売り場でしのぎを削っている状況であり、他にもさまざまな銘柄の商品が売られていますが、価格的なこともあり とても入り込む余地が無いほどであります。
正直なところ 両者とも甲乙付けがたい美味しさと買いやすさで、完全に気分や特売価格によってどちらを買うか決めているのが 日頃の我が家(中流家庭)の現状であります。
さらに「味噌味」で言うと、「菊水 コク味噌」 が対抗馬になりますが、比較的コッテリ感を味わいたいと思った時は マルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ をチョイスしています。
「カップめん」の麺づくりにも「味噌とんこつ」があり、こちらも好評らしく スタンダードなロングセラー商品になっているようですが、「東洋水産梶vおよび「マルちゃん」のラーメンで「味噌とんこつ」と聞くと、「生」の マルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ を連想し、「カップめん」の麺づくりは直ぐには出てきません。

「北海道のB級グルメ」の中でも、ラーメンは絶対に外せない存在であり、わざわざ道外からラーメンを目的に訪れる観光客もいるほどで、特に札幌の「味噌ラーメン」はその代表的な存在でありますから、当然 「味噌ラーメン」に対する評価もシビアでレベルが高く、間違っても"マズい味噌ラーメン"が人気を呼ぶなんて事は 絶対に有り得ません。
誰もが認めるラーメンの本場”北海道”の地で、長きにわたり売れているという事実こそが マルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ の美味しさがホンモノであることを 何よりも雄弁に物語っています。

”マルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道麺SHOP 北の麺ぐるめ
マルちゃん 麺づくり 味噌とんこつ-6.jpg

スポンサード リンク

🏠
posted by nadenadeboy at 07:40 | Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。