スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2014年01月25日

ニチロ畜産 バイキングウインナー

ニチロ畜産 バイキングウインナー-1.jpg

「ニチロ」と聞くと、「マルハ」や「あけぼの」のブランドでお馴染み 缶詰、冷凍食品、ちくわや練り製品など、さまざまな加工食品を連想される方が多いでしょうが、それらに加えて我が北海道では、味付けジンギスカンやハム、ソーセージなどの肉製品も 同じ呼び名の「ニチロ」の製品として広く親しまれています。

肉製品の「ニチロ」、正式社名「ニチロ畜産梶vは”マルハニチログループ”傘下のひとつである”マルハニチロ食品”の中で、食肉・食肉加工品などを基幹事業としている”マルハニチロ畜産”の子会社であり、日本の畜産業を支える一大産地「北海道」を拠点に事業展開している”食肉関連会社”であります。
と、紹介しても今ひとつ分かりずらい会社情報になっちゃってますが、詳細はもっと複雑で その変遷を記載するだけで膨大になってしまいそうなので、この辺で止めとこうと思います。

北海道では「ニチロ畜産梶v すなわち「ニチロ」の肉製品は全国区の食肉加工メーカーの製品とともに ごく普通に店頭に並んでいて、これが北海道だけの商品だという事実を 全く知らずに購入している方も沢山いると思われます。

ニチロ畜産 バイキングウインナー-4.jpgニチロ畜産 バイキングウインナー-2.jpg

数え切れないほどあるハムソーセージ類の中でも 特にウインナーに関しては種類が豊富で、あらびきウインナー、皮なしウインナー、赤ウインナー、ノンスモークウインナーなど、原料肉の構成からその肉の挽き方や燻製の方法、腸詰め用の皮が羊腸、人工腸、もしくは皮無し、と言った具合に 一緒くたに出来ないほど幅広い製品が販売されています。
そんな多種多彩なウインナー製品群の中において 味や品質云々よりも、値段が安いという点でずば抜けているのが、今回取り上げるニチロ畜産 バイキングウインナーであります。

スーパーなどで安く売られているのはもちろんのこと、業務用ウインナーとしても大活躍で 学校給食をはじめ、売り物の弁当や惣菜の一品として、または焼肉バイキング店のアイテムにもなっていますし、さらにはホテルのビュッフェスタイルの朝食にも頻繁に使われ、銘柄は分からずとも多くの人がいつの間にか口にしているウインナーでもあります。
いずれの業種も、売価を抑えるためには仕入価格の安い事が必須条件であり重要な課題になってくるわけですが、かと言ってお客様に提供するからには品質や安全面にも十分に気を使わなくてはならず、そのうえ 味もそれなりのレベルでないといけないわけで 「美味しくて安い、しかも安心して食べられる」 の非常に難しいテーマをクリアしているのがニチロ畜産 バイキングウインナーであり、あらゆる業種に使われている最大の理由でもあります。

<原材料>

豚肉、鶏肉、豚脂肪、大豆たん白、食塩、砂糖、たん白加水分解物、香辛料、加工でん粉、リン酸塩(Na)、pH調整剤、調味料(アミノ酸等)、保存料(ソルビン酸)、酸化防止剤(V.C)、香辛料抽出物、発色剤(亜硝酸Na)、リゾチーム(卵由来)、コチニール色素、(原材料の一部に乳成分、小麦を含む)

ニチロ畜産 バイキングウインナー-3.jpgニチロ畜産 バイキングウインナー-5.jpg

舌の肥えた食通の方に言わせれば「安っぽい味」と酷評されるかもしれませんが、我ら庶民にとっては十分に満足できる美味しさであり、遠慮することなくお腹いっぱい食べられることこそニチロ畜産 バイキングウインナーの最高の魅力なのです。
私自身も チョットしか食べられない超美味なモノより、それなりの美味しさながら コスト面を気にすることなく思う存分食べられるニチロ畜産 バイキングウインナーの方に 本能的に強く惹かれてしまうのです。
値段が安いことを強調しすぎているように感じますが、パリッと弾ける食感が特長の”天然腸”が使われていますし、肉っぽさがシッカリと感じられる”あらびき”でもありますし、安いウインナーにありがちな”練り物感”が全く無い、本格的なウインナーであります。
原料の粗びき肉は豚肉だけではなくヘルシーな鶏肉が合わせられていて、マイルドでサッパリとした味わいに仕上げられており、よくある豚肉100%のウインナーよりも飽きの来ない味わい、むしろ食べすぎが心配になってしまう味になっています。

冷蔵庫に常備しておけば いざというとき便利ですし、業務用の冷凍品もありますので保管場所に余裕があれば、多めの買い置きもひとつの手です。
冷めても美味しいのでお弁当の一品として最適であり 大抵の子供は大喜び、ビールやワインにもピッタリで大人だって大喜び、炒めてもボイルでも、衣を付けて揚げ物にしても美味しく、さらに、バーベキュー、煮物、鍋物、おでん、スープ、サラダ、パンに挟んで、カレーのトッピング、やきそばやチャーハンの具材・・・・
活用法を思いつくままに挙げていると、キリが無いほど食べ方や使い道が出てきそうなので とりあえずこの位にしておきますが、いろいろな場面、いろいろな調理法、いろいろな食べ方でニチロ畜産 バイキングウインナーの「安いくせに美味しい」を実感してください。

”ニチロ畜産 バイキングウインナー” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 問屋直売
ニチロ畜産 バイキングウインナー-6.jpg

スポンサード リンク

🏠

ニチロ 冷凍バイキングウインナー 1kg
posted by nadenadeboy at 19:56 | Comment(0) | 肉・肉加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: