スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2013年10月10日

菊水 コク味噌

菊水 コク味噌-1.jpg

「札幌ラーメン」と言えば一般的に「味噌ラーメン」のことを指しているわけですから、札幌圏内の江別市で操業している製麺会社葛e水の「家庭用生ラーメン コクシリーズ」にも 味噌味の菊水 コク味噌がごくごく当たり前にラインナップされています。
北海道限定品である菊水 コク味噌は 各社が販売する「味噌ラーメン」の中でも 特に息の長いロングセラー商品であり、どこのスーパーを覗いてみても必ず並んでいて、手頃な値段が嬉しい人気の定番商品であります。
札幌が発祥の地であり、札幌の代表的な名物である「味噌ラーメン」でありますから、地元メーカーが作り上げた味が美味しくないわけがなく、もしそうであれば、とうに姿を消しているはずであり、永く食べられているという事実が何よりも美味しさの証であります。
そしてラーメンの主流とも言える味噌味ですから、当然ライバルのメーカー、ブランドも多く、激戦の中 安定した人気で生き残って来た、これぞ本場の「味噌ラーメン」であります。
菊水が以前に出していた「コクシリーズ」の味噌味は「コクうま味噌」であり、どのタイミングで「うま」が消えたのかは記憶にありませんが、深い「コク」に 豊かな「うま(うま味)」が加わった本格的な味わいは 現在の菊水 コク味噌にも確実に受け継がれています。

菊水 コク味噌-3.jpg菊水 コク味噌-2.jpg

は、厳選された良質な小麦を使用し、麺粒・麺帯・麺線と三段階でシッカリねかせて熟成させる札幌ラーメン特有の製法で作りあげられ、コシと弾力が特長の スープがほどよく絡む”中太のちぢれ麺”になっています。
スープは、ポークエキスを利かせた味わい深いコクと 味噌の豊かな風味が融合し、濃厚でありながらスッキリとした後味の、いかにも「札幌ラーメン」らしさが感じられる味噌スープになっています。
さらに”粉末スープ”による効果で、食欲をそそる香ばしい匂いが出来立てアツアツの立ち上る湯気から広がり、より一層 その美味しさを引き立ててくれます。

<原材料名>

めん〔小麦粉、醗酵調味液、食塩、卵白粉末、小麦たん白、植物油脂、加工でん粉、ソルビット、かんすい、クチナシ色素、(原材料の一部に大豆を含む)〕、打粉(加工でん粉)液体スープ〔味噌、豚油脂、食塩、ごま、砂糖、醤油、ポークエキス、香辛料、酒精、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、(原材料の一部に小麦を含む)〕粉末スープ〔ぶどう糖、オニオンパウダー、ガーリックパウダー、胡椒、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、(原材料の一部に大豆、ゼラチンを含む)〕

菊水 コク味噌-4.jpg菊水 コク味噌-5.jpg

「札幌ラーメン」と言えば「味噌ラーメン」であることが常識になっている昨今ですが、実は戦前から存在していたアッサリ味の「醤油ラーメン」が 札幌市民が食べていた「札幌ラーメン」の元祖であり、1955年「味の三平」が、トンコツスープに味噌を合わせた「味噌ラーメン」を独自に考案し、瞬く間に札幌市民に支持されるやいなや アッと言う間に道外にもその爆発的な人気が知れ渡り 「札幌ラーメン=味噌ラーメン」と認識が変化していきました。
一説では、とある客の要望で”豚汁”に茹でた麺を入れて誕生したのが「味噌ラーメン」であると言われたりしていますが、「味の三平」側では完全に否定しており、あくまで当時の店主のアイディアにより開発されたもののようで、そう考えるとラーメン業界に革命を起こした「偉大な思いつき」と言えるでしょう。

本題である菊水 コク味噌を実食した感想ですが、「麺」を啜った時の口当たりは想像通りのなめらかさで、シッカリとコシを感じる適度な弾力、ちぢれ麺の形状が味噌味のスープを絶妙な加減でほど良く絡め、ツルッと喉ごしの良い、文句なしでこれぞ「札幌ラーメンの麺」であります。
「スープ」の基礎となっている「味噌」は おそらく”白味噌”が主体と思われますが 色合いも含め熟成された”赤みそ”の酸味も少し感じ、道民の好みを考慮し、適度なブレンドにより作られた「合わせ味噌」であろうと思われます。
「具材」として、長ネギやチャーシュー、玉子、メンマは言うまでもなく王道、間違いのない完璧な相性で全体の味を引き立ててくれます。
また、この菊水 コク味噌の味わいには「野菜」がベストマッチであり、キャベツ、もやし、ピーマン、ニンジン、などの「野菜」をゴマ油などでシャキッと炒めた ”野菜炒め”を作って そのままトッピングとして出来上がりにのせるだけで、美味しくてヘルシーな「味噌野菜ラーメン」が簡単に出来上がります。
余談ですが、道外の方がイメージするバターやコーンの入った「味噌ラーメン」は道民が日頃訪れるラーメン店のメニューにはほとんどなく、一部の観光名所的なラーメン店が 道外客向けに具材で北海道らしさを表現した一種の”イベントラーメン”であり、いわゆる”邪道”として地元のラーメン通にはあまり受け入れらておらず、実際に私自身も食べた記憶がありません。

少し脱線気味でありましたが、ラーメンの聖地であり本場でもある 数多の名店がひしめき合い しのぎを削っている「札幌」において、象徴的な逸品である「味噌ラーメン」を 評論家気取りであれこれと語る事に 少しずつ気が引けはじめているところなのですが、多くの北海道産「家庭用生ラーメン」の中でも菊水 コク味噌の味は 札幌で「味噌ラーメン」をウリにしている「ラーメン専門店」の味に匹敵するような、「札幌ラーメンらしさ」を本能的に感じてしまう「味噌ラーメン」であることだけは断言できます。

”菊水 コク味噌” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道麺SHOP 北の麺ぐるめ
菊水 コク味噌-6.jpg

スポンサード リンク

🏠
札幌生ラーメンコク 味噌味2人前

札幌生ラーメンコク 味噌味2人前
価格:259円(税込、送料別)

posted by nadenadeboy at 00:00 | Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。