スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2013年06月09日

マルちゃん 赤みそラーメン

マルちゃん 赤みそラーメン-1.jpg

北海道で最も食べられている「袋入りインスタントラーメン」であり、他の追随を許さない”東洋水産梶hが製造し、北海道の主流となっているのが 「マルちゃん」でお馴染みの 「袋入りインスタントラーメンシリーズ」であります。 
「しょうゆ」 「みそ」 「しお」 の”BIG3”はモチロン揃っていて どの味も大人気、北海道では置いてない店が全くないほど売れ行きも安定していて、まさに「インスタントラーメンの定番」なのですが、知る人ぞ知る隠れた「マルちゃん」の人気商品であり、未体験の方に ぜひ一度食べてもらいたいイチオシの味がマルちゃん 赤みそラーメンであります。
地域限定商品でありつつも、北海道のみの販売というわけではなく、販売エリアは北海道の他にも 東北、静岡、中京 で販売されていて、わりと東寄りの地域限定と言えるのでしょうが、残念ながら得意としている「北海道限定」の文字を使うことは出来ず、わずかな悔しさを感じてしまいます。

マルちゃん 赤みそラーメン-4.jpgマルちゃん 赤みそラーメン-2.jpg

<原材料名>

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、でん粉、食塩、チキンエキス、卵粉)、添付調味料(みそ、豚脂、ポークエキス、砂糖、食塩、香辛料、チキンエキス、野菜エキス、ゼラチン、発酵調味料、植物油、魚介エキス、たん白加水分解物、ねぎ、こんぶエキス)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、カラメル色素、かんすい、酒精、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、(原材料の一部に乳成分、さばを含む)

「赤みそ」と言っても、名古屋を中心とした愛知県で主流になっている、濃厚でインパクトのある「豆味噌」ではなく、信州の赤い「米味噌」がメインとして使われ、そこに「白みそ」が合わせられており、商品名の赤みそラーメンから受けるイメージよりも、思いの外マイルドな味わいに仕上がっています。
パッケージの「とんこつ仕立て」が表すとおり その「赤みそ」と、野菜の旨みを活かした「トンコツ」が、バランス良く組み合わせられており、端的にひと言で表現すると「赤みそとんこつ味」がピッタリ来る味わいのスープになっています。
通常の「マルちゃん みそ」も好きなのですが” みそ味”に関してはもっぱらコチラの「赤みそラーメン」ばかりをチョイス、熟成された「赤みそ」の深いコクと「トンコツ」のコッテリを感じられるスープは まるで本格的なラーメン、もはや専門店レベルの美味しさであります。
麺は、やや太めで ほどほどのちぢれ具合、コッテリとしたスープとの相性も良くツルッとした喉ごし、油揚げめんである為”インスタント”の域は出ませんが、それなりの「マルちゃん」らしい仕上がりになっています。

マルちゃん 赤みそラーメン-3.jpgマルちゃん 赤みそラーメン-5.jpg

トッピングには焼豚や長ネギ、メンマなど、スタンダードな具材はモチロン、キャベツやもやし、玉ねぎなどの野菜を炒めてのせるのが特におススメで、「赤みそ」の味ととても良く合い、冷蔵庫の余り物で十分、ヘルシーで美味しい「とんこつみそ野菜ラーメン」が出来上がります。
北海道では 味噌汁などの「みそ料理」に使う「みそ」の主流は「白みそ」 もしくは「合わせみそ」であり、私自身も普段から「赤みそ」にはあまり馴染みが無いのですが、このマルちゃん 赤みそラーメンに関してはその「赤みそ」の風味にまんまとハマり、他のインスタントラーメンでは味わえない濃厚でガツンと来る食べ応えがクセになって、数ある「袋入りインスタントラーメン」の中でも 「なまらお気に入り」の一品になっています。

”マルちゃん 赤みそラーメン” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道-くしろキッチン
マルちゃん 赤みそラーメン-6.jpg

スポンサード リンク

🏠

北海道限定 マルちゃん 赤みそラーメン 5食入
posted by nadenadeboy at 11:53 | Comment(0) | インスタントラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。