スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2012年10月26日

銀杏草(仏の耳)

銀杏草-6.png

銀杏草は、紅藻類スギノリ科、ツノマタ類の海藻であり、銀杏の葉に似ていることからその名がつけられ、道内一円の沿岸に分布していることもあり、全道各地で広く食べられている海の幸です。
別名で「仏の耳(ほとけのみみ)」と呼ばれたりしていて、なんだかご利益がありそうな響きで、とても有り難い気持ちになったりもします。
1月〜3月の真冬の厳寒期に漁がおこなわれ、各産地の前浜で地元漁師によって丁寧に手で採取される天然海草の銀杏草は、まさに代表的な北海道の冬の味覚であります。
広がる磯の香りがたまらなく食欲を刺激し、酢の物にするとコリコリ、味噌汁に入れるとトロトロ、歯ごたえがあるのにプルンプルンとしたなめらかさ・・・
他の海藻類とはひと味違う食感で、海を渡る潮風を感じるような味わいを楽しめます。
生の銀杏草を味わえるのは収穫期である旬の時期に限られますが、保存用として 冷凍モノや 乾燥モノも販売されています。

銀杏草-3.png銀杏草-5.png

<味噌汁>
最もポピュラーなメニューである味噌汁の作り方ですが、レシピとして書くまでもないくらい超簡単。
鍋でダシをとって味噌を溶き入れて汁を作り、椀に注いで、そこに銀杏草を放てば完成です。
トロトロの食感が好みであれば、鍋に直接銀杏草を入れて火を通せば、時間の経過と比例してトロトロ感が増してきます。

<酢の物>
銀杏草を湯引きして洗い、キュウリ、カニやカニかま、タコ、もずく、ワカメ、焼きちくわ、板かまぼこ・・・・
などなど、いろんな具材とともに、お好みの加減の三杯酢(二杯酢でも)でひたひた程度に混ぜ合わせ出来上がりです。

海の旨みをたっぷり含み、アルギン酸、フコイダン、ミネラル、マグネシウム、カルシウム、タウリン、シトルリンなどの栄養成分も豊富で、健康にも美容にも大変良い海藻のひとつである銀杏草
最もポピュラーであるワカメなどと同じようにサラダや刺身のつま、炒め物などあらゆる料理に使えますし、抜群に強い海の香りや個性溢れる舌触りと噛み応えを活かしたオリジナルの一品も出来ると思いますので、アイディアを駆使した新作アレンジメニューを開発したりなんかして、希少価値の高い北海道の地元食材銀杏草の独特の風味を味わってください。

”銀杏草” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 海藻問屋
銀杏草-8.png

スポンサード リンク

🏠
生銀杏草 冷凍生ぎんなん草-200g

生銀杏草 冷凍生ぎんなん草-200g
価格:864円(税込、送料別)

生銀杏草(ぎんなん草) 冷凍生銀杏草-1kg

生銀杏草(ぎんなん草) 冷凍生銀杏草-1kg
価格:4,860円(税込、送料別)

ミツヤ 銀杏草 50g

ミツヤ 銀杏草 50g
価格:648円(税込、送料別)

北海道日高産 銀杏草 [北海道お土産]

北海道日高産 銀杏草 [北海道お土産]
価格:540円(税込、送料別)


ギンナンソウ) 天然手摘み銀杏草 25g (函館えさん特産)

送料込みポスト投函便 天然手摘み銀杏草 25g(函館えさん特産)ポイント10倍

北海道函館産 銀杏草(ぎんなんそう、ほとけのみみ) 25g

天然 銀杏藻 (ギンナンソウ) (北海道日高産ぎんなんそう)

銀杏草(仏のみみ) 函館産 乾燥 20g 天然物 配送指定クリックポストで送料無料

銀杏草40g
posted by nadenadeboy at 06:34 | Comment(0) | 水産品 水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。