スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2012年09月30日

みそパン

みそパン-1.jpg

昔食べたモノで最近ご無沙汰なモノをあれこれと思い浮かべていたら不意にみそパンなるものがあった亊を思い出しました。
 「味噌」 と 「パン」 という、なんとも不思議な組み合わせで、特に若い世代には到底理解できない食べ物に思われる方がいるかもしれませんが、一昔前には 「あんぱん」 や 「ジャムパン」 と同じように当たり前に食べていた、とっても身近な 「パン」 であります。
「パン」 と言ってもいわゆるフワフワのパンとは違い、やや固めの密度の濃い、どちらかと言うと焼き菓子に近いようなパンで、名前の通り味噌が使われています。
作り手によって若干の違いはありますが、主な材料は、味噌のほかに 小麦粉、砂糖、水あめ、糖蜜、黒糖、鶏卵、白ゴマ、マーガリンなどであり、使われているモノから、甘い味のパンであることが一目瞭然であります。

北海道以外の地域にもみそパンの名称で親しまれているパンがあり、味噌が入っているのは共通していますが、それぞれに味も作り方も全く違うようです。
<菓子パン系>
北海道のみそパンがこのタイプで、他に長野や宮城にもこのタイプを製造しているメーカーがあり、地元を中心に販売されています。
水分の少ない生地に味噌を練り込んで風味を付け、砂糖、食塩などを加えて焼き上げた、やや食感が固めで、甘味の強いパンです。
<蒸しパン系>
主に福島県で売られているみそパンです。
通常の蒸しパンの生地に味噌を練りこんで風味を付け蒸し上げていて、食感は 普通のフワフワの蒸しパンよりもやや固く、若干のズッシリ感があり 食べごたえも十分です。
味噌は香り付け程度であって、砂糖の甘みの方を強く感じる 「菓子パン系蒸しパン」 の一種です。
<惣菜パン系>
コッペパンのような甘みがあまりないパンにナイフで切り込みを入れ、そこに甘みを加えた味噌が入っているパンで、中には食パンを使ったモノもあるようです。
生地に味噌を加える製法ではなく、「味噌あん」を中に挟み込んでいるみそパンであり、群馬県内のパン屋で作られていて、地元を中心に広く食べられています。

みそパン-3.jpgみそパン-2.jpg

北海道内において みそパンを製造しているメーカーはいくつかあるようですが、個人的によく食べていたのがどこのみそパンなのか、記憶を辿ってみても思い起こすことができず、もしかすると、今や存在していないメーカーのモノとなり、幻の逸品となっている可能性もあります。
しかしながら、みそパン自体は健在で、近所のスーパーでも 「パン売り場」 ではなく 「お菓子コーナー」 でシッカリと売られていました。
製造しているのは網走の古川製菓(株)で、ズッシリと来る重量感が印象的な4枚入り、裏面表記の名称欄には 「焼き菓子」 と書かれています。

口に入れた瞬間はパサパサした感じを受けますが、噛んでいるとシットリ感が出てきて、徐々にソフトな印象に変化していきます。
味噌の風味はほんのりと感じる程度で塩分なども感じられず、どちらかと言うと甘味が前面に出ている和菓子テイストが強い味わいです。
食べていると少し粘りも出てきますので、出来れば飲み物があった方がベストであり、お茶や牛乳、コーヒーなど あらゆる飲み物に合い、保存期間も長いので 「お茶うけ」 として買い置きしておく事もできます。
口に広がる 味噌の風味、甘さ、香ばしさ などと共に 「懐かしさ」 もプラスされた北海道のみそパンは、大自然の中ですくすく育つ道産子のような、純で素朴な味わいの 北のロングセラー商品です。

”みそパン” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道-くしろキッチン
みそパン-4.jpg

スポンサード リンク

🏠
みそパン 【北海道土産】

みそパン 【北海道土産】
価格:248円(税込、送料別)


みそぱん 北海道のB級グルメ

みそぱん 4枚入 網走 古川製菓
posted by nadenadeboy at 10:58 | Comment(0) | 菓子類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。