スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2012年06月21日

ホルジン

ホルジン-1.png

ホルジンとは 北海道の肉ジャンル”B級グルメ”の代表「味付けジンギスカン」と、”ホルモンと言えば豚腸”の文化が定着している北海道ならではの「みそホルモン」を 「味が混ざる」 「個々の美味しさが失われる」 などの苦情もなんのその、細かい事はいっさい気にせずにふたつの美味しさを同時に楽しむ事ができる、大胆かつ合理的な”B級グルメ”です。
ホルジンの基本形は、鉄製で中央がヘコみ、タレや肉汁等が溜まる形状の「ホルジン専用鍋」に「ジンギスカン」と「豚ホルモン」入れ、「玉ねぎ」 「もやし」 「にら」 などの野菜や「うどん」を加えて、”焼く”とも”煮込む”とも言える、いわゆる”煮焼き”の状態でタレの味を全体に浸み込ませ、あとはガンガン食べるだけの、いたってシンプルで繊細さのかけらもない”鍋”です。

このホルジン、道東は十勝地方の 特に帯広を中心とした近隣の地域のお店で名物メニューとなっていて、帯広の「かね田商店」、芽室町の「駿河屋食堂」、清水町の「有楽町食堂」、新得町の「たこや」等、地元では名の通っている 話題のお店がいくつかあります。
しかしながら、ことルーツに関してはテレビやネット上で様々な説があり、どの店が元祖なのか確証が持てないですし、今さら突き止めるのも野暮な気がするので、有力説はあるもののあえて書かない事にしておきます。

ホルジン-5.jpgホルジン-4.jpg

自然豊かな、いかにも「北の大地」のフレーズがピッタリ来る”十勝”が生んだ”B級グルメ”のホルジンですが、北海道の中心である大都会札幌にもすでに勢力を伸ばしており、ススキノでホルジンをウリの一つにしている「夜空のジンギスカン」をはじめ「ジンギスカン屋」を名乗る専門店を中心に、メニューに追加している店がジワジワと増えて来ています。
基本的に”ジンギスカン”と”豚ホルモン”と”野菜”が入っていればホルジンなのですが、大差はないものの微妙に調理法が違ったりしています。
醤油ベースの「味付けジンギスカン」と味噌ベースの「味付けホルモン」に野菜をプラスするスタイル ラム肉、ホルモン、野菜を焼いた後、味噌メインのタレで味付けするスタイルなど、出来上がりの味が、味噌の味がやや強い事は共通していますが、作り手のポリシーや味付けの絶対条件等、個々のお店でいろいろと細かなこだわりがあるようです。

ホルジン-3.pngホルジン-2.png

「羊肉」 「豚腸」 どちらもクセの強い、多少ニオイなども気になる食肉ですが、香ばしいタレの味と野菜の旨みも加わり、素材が絡み合うことで生まれる「組み合わせの妙」による美味しさが、十勝に住む道産子のハートをつかみ、多くのファンを増やしたのだと思います。
何はともあれアルコール類では特に”ビール”との相性が抜群で 「飲む」 「食べる」 のどちらもがドンドン進んでしまいますし、食事としてスタミナがつきそうな「ホルジン定食」で食べると”ご飯”がモリモリいけて、アッというまに”おかわり”の声、小さな子供も普段は見られない、恐るべき勢いで完食してくれます。

正直に言いますと、道産子である私自身、アウトドアで「味付けジンギスカン」と「味噌ホルモン」を同時に食べる事はありつつも、二つの味が混ざり合う事など けして許す事ができない”反対派”だったのですが、ホルジンとの出会いにより改めて既成概念にとらわれない柔軟な舌と脳の重要性を、まざまざと思い知らされました。
もともと別メニューとして出していた「味付けジンギスカン」と「味噌ホルモン」を
「面倒だから一緒に焼いてくれ」と、あるお店のお客さんが注文したのがホルジンの始まり。
との説も噂の一つとしてあり、それが真実なら大いに感謝ですし そのおおざっぱな気質に羨ましささえ感じてしまうほど 目からうろこの美味しさです。
あれこれとホルジンについて書いてきましたが、お店に足を運んで完成形を食べるも良し、家庭で食べる場合でも、既製の商品化されたモノを楽しむほか 「羊肉」 「ホルモン」 「タレの味付け」まで、他にはないオリジナルのレシピを極めてみたりしても面白いですし、庶民的な”B級グルメ”として さらなる盛り上がりを見せてくれることを一道民として期待してしまいます。
ちなみに 完全なる余談ですが、初めてホルジンと聞いて「掘る人」と連想してしまったのは、何を隠そうこの私であります。

”ホルジン” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 十勝亭
ホルジン-6.png

スポンサード リンク

🏠
posted by nadenadeboy at 10:12 | Comment(0) | 肉・肉加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: