スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2012年03月28日

美唄やきとり

美唄やきとり-1.png

テレビなどで紹介されて以来、空知管内南部にある「美唄市」の名物として、道内はもとより、全国的に知られるようになってきた美唄やきとり
一般的に食べられている鶏肉の"やきとり"とは全くの別物で、鶏肉だけではなく、レバー、ハート、砂肝、タマミチなどのモツ類や鶏皮を一本の串に刺しているオリジナルの構成が 美唄やきとりの最大の特徴であります。
そして、もうひとつの特徴は肉の間に挟む「ネギマ」であり、一般的に多く使われている"長ねぎ"ではなく"タマネギ"が使われています。
鶏のうま味と脂が浸み込んだ”タマネギ”を口にすると、何よりも”タマネギ”自体の甘味が際立ち、抜群の相性で美味しさがアップします。
空知地方が”タマネギ”の一大産地であり、手に入りやすい事も関係しているのでしょうが、食べてみると これがベストな組み合わせである事が良く分かります。

ルーツをたどると、その昔、多くの焼き鳥店では鶏をさばいて、手羽、モモ、ササミなどの精肉を取り、残った臓物(モツ)や皮を捨てるの普通であり、特に気にすることもありませんでした。
しかし、そうなると、さばく鶏の数が多ければ多いほど、出るモツの量もそれに比例して増えて来ます。
そんな現状に疑問を持ち、苦労して育てた鶏ですから、一羽すべてを使い切る、云わば「もったいない」の精神から、昭和30年代、美唄市内の とある飲食店の店主がムダを解消すべく、鶏のさまざまな部位をバランス良く一本の竹串に刺した「やきとり」を考案し、それが現在、北海道発の”B級グルメ”としてブレイクしている美唄やきとり誕生のきっかけとなりました。

美唄やきとり-9.png美唄やきとり-5.png

老舗のスタイルであり、王道とも言える美唄やきとりの仕込みの手順は、
「最初に皮を刺し、次にタマネギ、そして レバーやハツ、タマミチのどれかを刺し、再びタマネギを刺します。 バランスを考えて間に小さな肉を挟んだりすることもあります。 最後に串の先が出ないように精肉で押さえて完成!」 
ですが、あくまで基本形であり、同じ美唄市内であっても、材料のサイズや形はお店によって様々で、スタイルの違う、いろいろな美唄やきとりがあります。
味付けはシンプルに”塩とコショウのみ”が主流であり、ひとつひとつの素材の味がダイレクトに感じられ、飽きの来ない味わいになっています。
まだ食べた事は無いのですが、子供も食べることを意識して 出来るだけ刺激をなくすよう”塩のみ”のお店もあるようで、おそらくこれも”イケる味”なのでしょう。
炭火で焼くのが絶対的な基本ですが、炭の種類や焼き方はそれぞれの店でこだわりがあり、個々の店で微妙な違いがあるようです。

「骨を含めて頭からしっぽまで まるごと食べられる魚を食べる方が、切り身などの魚の一部を食べるよりも、栄養バランスから考えると、偏りが無く、健康維持、増進の為に より良い効果がある」
との説を耳にしたことがありますが、同じように考えると、モモ肉だけの”モモ串”等を食べるより、一本の串でバラエティに富んだ部位を食べられる美唄やきとりの方が、体に良い「やきとり」だと言って間違いないでしょう。

美唄やきとり-2.png美唄やきとり-6.png

美唄は道内に幾つかある、炭鉱で栄えたマチのひとつであり、そのボリューム感溢れる食べごたえで 肉体労働に明け暮れた男たちの腹を満たすだけではなく、幅広い豊富な栄養素で仕事に励む活力を生み、健康面からみても彼らの大きな支えになったはずです。
ただし、お酒にもってこいの味でありますし、レバーや砂肝など、肝臓に良さそうなモノも入っているので、その気になって ついつい飲み過ぎしまうのが難点であります。
美唄と言えば、ブレイク中の”B級グルメ”である角屋のやきそばもありますので、併せて食べて「美唄づくし」ってのもイイんじゃないでしょうか。

”美唄やきとり” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 ホクレングリーンネットショップ
美唄やきとり-4.png


スポンサード リンク

🏠
福よし もつ串セット

福よし もつ串セット
価格:3,980円(税込、送料込)


「福よし直送」もつ串セット 20本入(美唄やきとり 焼き鳥)

美唄やきとり たつみ モツ串 10本入×3パック

福よし 美唄やきとり真空パック(4本入×5袋)《H》発送まで1週間ほどご予定願います(dk-2 dk-3)

「福よし直送」もつそばセット 4食入(美唄やきとり 焼き鳥)

炭火焼 美唄風やきとり(3パック)&炭火焼 室蘭風やきとり(3パック)

ご当地焼き鳥 北海道名物 やきとり 詰合せ 北海道
posted by nadenadeboy at 13:20 | Comment(0) | 肉・肉加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。