スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2011年11月09日

中華まんじゅう

中華まんじゅう-1.jpg

「中華まんじゅう」と聞くと、道産子の私でも最近ではホッカホカの肉まんやあんまんをついつい連想してしまいがちですが、思い返してみると子供の頃よく食べていて、より付き合いが長い「中華まんじゅう」は、この三日月型の「中華まんじゅう」の方です。
しかしながら、しばらくご無沙汰の状態で、いつの間にかその存在すら忘れかけていましたが、ある日、何気なく見ていたテレビで取り上げられ、懐かしさを感じるとともに、その食感と味を、しばらく食べていない現在でもほぼイメージできることがチョッピリ嬉しくなりました。
中華まんじゅうは ”小麦粉” ”砂糖” ”卵” などを原料とし、円形のパンケーキ状の生地に”小豆”の”こし餡”をのせて、二つに折って三日月型にした、どら焼きに似た味わいの和菓子です。
名前に”中華”のワードが入っていますが、けして中国由来のお菓子ではなく、れっきとした和菓子なのです。
名称の由来を調べてみると、小麦粉・砂糖・卵を基本材料とした生地が「中花種(ちゅうかだね)」と呼ばれていて、その"中花"がなぜか北海道では"中華"に転じ、中華まんじゅうと呼ばれるようになったようです。
北海道では「葬式まんじゅう」と呼ばれる事もあり、よく葬儀や法事の際に使われていて、一昔前は、定番の引き出物として今よりも頻繁に登場し、幾度となく食べた記憶があります。

中華まんじゅう-3.png中華まんじゅう-4.png

この中華まんじゅうは家庭で作ったりする和菓子ではなく、菓子職人が作る「お店の味」であり、我が町でも「〇〇菓子舗」などで作られていて、お店によってオリジナルの見た目と味わいがありました。

何年ぶりかに食べてみると ”小麦粉” と”砂糖” に”卵” それぞれのバランスが絶妙で、ほど良い香ばしさを感じる焼き加減の”皮”と、昔よりも甘みを抑えた”こし餡”で、想像よりもサラッと軽い味わいで食べることができました。
若い世代には認知度が低いのかもしれませんが、ぜひこの味を」試していただきたいですし、ある年代以上の方ならきっと懐かしく感じる味であり、ついでに古き良き時代の記憶も思い出される味だったりしますので、「久しく食べてないなぁ〜」と感じたりしたら、ぜひ、お茶をいれて、北海道の歴史あるお菓子 中華まんじゅうの美味しさをあらためて味わってみて下さい。

”中華まんじゅう” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 札幌餅の美好屋
中華まんじゅう-2.jpg


スポンサード リンク

🏠
中華まんじゅう/北海道/人気

中華まんじゅう/北海道/人気
価格:1,296円(税込、送料別)

中花まんじゅう 8個セット

中花まんじゅう 8個セット
価格:1,296円(税込、送料別)


中華まんじゅう
posted by nadenadeboy at 17:31 | Comment(0) | 和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: