スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2011年06月11日

北海道のタケノコ 根曲がり筍 (ヒメタケノコ)

たけのこ-1.jpg

今年の春は天候不順で寒い日が続いた北海道ですが、6月に入りボチボチ暖かくなったきて、道内の山々も雪の白が消えて緑色が鮮やかさを増してきています。
気候も良くなり いよいよ行楽シーズンが始まったこの時期、まさに今が旬の北海道の代表的山菜がタケノコです。
各地の山々では「タケノコ採り」が真っ盛りで、多くの道民が山に入りますが、熊の被害や道に迷ったりして遭難するなど、毎年のようにニュースになっていますので、くれぐれも安全だけには注意してほしいところです。
北海道以外の方はタケノコと言うと、大きくて、下処理が結構大変な孟宗筍を思い浮かべるかもしれませんが、北海道ではタケノコと言うと、根曲がり竹(別名チシマザサ)の若芽で、『根曲がり筍』と書かれていることもある、簡単に表現すると”笹の子”なのであります。

たけのこ-6.jpgたけのこ-3.jpg

煮物、おでん、みそ汁、天ぷら、炊き込みごはん、皮付きのまま網焼き、塩漬け、醤油漬け・・・・
とにかく、数え切れないほどの調理法や食べ方があり、ここに書き切る事ができないほどです。
ご飯の「おかず」から、酒の「つまみ」まで、あるいは、タケノコ自体が主役のモノから、他の素材の引き立て役としても、あらゆる用途に適応し、「北海道のタケノコ フルコース」なんて、いとも簡単に出来ちゃいます。

たけのこ-7.jpgたけのこ-4.jpg

アクやエグミが少ないため、茹でて皮を剥いたら、スグにでも利用できるので手間が掛かりません。
そのまま、味噌やマヨネーズ等につけて食べても十分にイケちゃいます。
特有の甘味と、「シャキシャキッ!」 「ポリポリッ!」と言った 軽くてきめの細かい、なめらかな食感が 根曲がり筍 (ヒメタケノコ) の美味しさであります。
なかなか採りに行ったりは出来ませんが、水煮が常時売られていますので 我が家でも頻繁に購入し、「シーチキン炒め」 と 「おでん」 は得意の定番メニューになっています。
さらに、皮付きを網焼きして、皮を剥きマヨネーズで食べた時はその甘味と香りにチョット感動しました。

たけのこ-9.jpgたけのこ-8.jpg

正直なところ、皮付きのモノは収穫時期であっても、スーパーなどでも目にする事が まずありません。
自分で採ってしまう方が多いので 「店に並べても・・・・」 との考えからか、あるいは流通ラインに乗らないからなのか・・・
もし、売られていたら買いたいところですが・・・
とにかく、タケノコが大好きで "タケノコ = 孟宗竹"  と思っている方でも 一度食べてみると 「なるほど・・ これもアリだな・・」と思ってしまう、納得の 「北海道グルメ」 である事は間違いないです。 (東北、信州あたりでも食べられていますが・・・  ( ^^; ) )

”北海道のタケノコ” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北の逸品・北海道
たけのこ-2.jpg

スポンサード リンク

🏠
posted by nadenadeboy at 12:42 | Comment(0) | 野菜・山菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: