スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2011年04月12日

大東食品 ポンたら

ポンたら-1.png

道北の中心、日本の最北端の市でもある稚内の代表的な名産品のひとつが大東食品 ポンたらです。
私自身が道北出身だからなのか、子供のころからワンランク上のチョットしたおやつとして慣れ親しんでおり、乾き物珍味の中でも、”こまい”を干した「カンカイ」と並び、北海道の、特に道北地方で愛されているポピュラーでスタンダードな「おつまみ」なのです。
原料である助宗鱈はご飯のお供である「たらこ」「明太子」の親魚で、「たらちり」等に使われる「真鱈」よりは小型ながら「棒鱈」やその他練り製品に使われていて、いろいろな形で広く食べられている白身の魚です。
正式名はスケトウダラで、その昔、新潟県佐渡ヶ島周辺の海で多く獲れたので佐渡の別名である「すけとう」の名が付けられました。

ポンたら-4.pngポンたら-6.png

この大東食品 ポンたらは、素材の味を損なわないように 助宗鱈の身を、わずかな味付けをした後、ほど良く乾燥させ、それをさらに食べやすくするためにローラーをかけた、子供から年配の方まで、年齢を問わず、手軽に素材の味を楽しめる「酒のつまみ」であり「おやつ」なのです。

原材料

助宗鱈、食塩、調味料(アミノ酸等)

ポンたら-7.pngポンたら-3.png

身を裂いてひと口食べてみると 最初はおそらくパサパサした食感ですし味が淡白なので いきなり「美味しい!」と言う感想は出てこないかもしれませんが、ひと口目を食べ終えると、なんだか無意識に次の身を裂いてしまい、思わず口にしてその味を堪能している事でしょう。
「噛めば噛むほど味が出る」 その”クセ”になる味わいがポンたらの底知れぬ実力であり、古くから食べ続けられている要因でもあります。
シンプルにそのまま食べても十分に美味しいのですが、「カンカイ」と同様に、マヨネーズ、しょうゆ、唐辛子を適量混ぜ合わせたものを付けてもかなりイケます。
むいた皮も無駄にはならず、素揚にしたり、軽く炙ったりして食べても香ばしくて美味しいです。
さらに大東食品のHPで見つけてハマった、立派な一品料理として酒のアテにピッタリのポンたら調理法です。
だいちゃんの珍味の美味しい食べ方レシピ〜ポンたら編〜

ポンたら-5.pngポンたら-8.png

私自身、ポンたらを取り上げるにあたり一番知りたかった事はそのネーミングです
商品名ポンたら「ポン」って何?
・・・と思っていろいろ調べてみましたが これといった情報もなくて、残念ながらそのルーツを解明することは出来ず・・・
しょうがなくあれこれと独自に想像し、考えているうちに・・・・💡

チョット強引ではありますが
「食べると思わず”ポンッ!”と手を打つ美味しさから来た・・・」
と言うことにしておいて下さい。(苦笑)

”ポンたら” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 稚内丸善マリンギフト港店
ポンたら-9.png

スポンサード リンク

🏠
ポンたら 303g

ポンたら 303g
価格:2,200円(税込、送料別)

稚内名産 ポンたら 125g

稚内名産 ポンたら 125g
価格:1,080円(税込、送料別)

ポンたら 65g

ポンたら 65g
価格:550円(税込、送料別)

丸元 味付ぽん鱈

丸元 味付ぽん鱈
価格:2,695円(税込、送料別)


稚内ブランド 珍味2点セット ポンたら + ほたてみみ メール便送料無料

稚内ブランド 珍味2点セット ポンたら + ほっけ燻製スティック メール便送料無料

稚内ブランド 珍味〜ポンたら  メール便送料無料

稚内ブランド 珍味3点セット ポンたら +ホッケ燻製スティック+ ほたてみみ メール便送料無料
タグ:たら 稚内
posted by nadenadeboy at 13:29 | Comment(0) | 水産品 水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: