スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2011年01月23日

ソラチ 豚丼のたれ

sorachi-butadon-2.png

北海道では、最近でこそ すき焼きや肉じゃがに牛肉を使うようになって来ましたが、以前は豚肉を使うのが当たり前で、「豚肉以外では何だかピンと来ない」と言う道民が比較的多く いわゆる北海道は”豚肉王国”と言うべき土地柄なのです。
そんな北海道だからこそ”肉”を使った”どんぶり”となれば”豚丼”になったのは必然だと言えるでしょう。
豚丼は帯広を中心とした道東地方で広く愛され、その甘辛い味付けは「十勝豚丼」「帯広豚丼」などと称されています。
BSE問題発生時に各牛丼チェーンが代替え品として牛丼のタレの味に似た”豚丼”を販売するようになり、それらと区別するために、あえて”十勝”や”帯広”と付けられたりするようになりました。

sorachi-butadon-3.pngsorachi-butadon-5.png
sorachi-butadon-6.pngsorachi-butadon-7.png

豚丼の発祥は帯広の大衆食堂「ぱんちょう」が地元の素材である豚肉を使って美味しい”どんぶり”を作ろうと、すでに全国で大衆の定番となっていた「うな丼」をヒントにして、原型とも言える醤油味の”豚丼”を誕生させました。
その味が十勝地方で徐々に広まり、各店で個性を出しつつも、「ぱんちょう」の味をルーツとした”豚丼”を出し始め、これが十勝の”豚丼”のスタイルとなって定着して行ったのです。

ソラチはその地元に定着した味を、北海道全域の各家庭で気軽に食べられるように、帯広発祥の伝統の味を参考に”ソラチ 十勝 豚丼のたれ”を創り上げ発売すると、その味はアッと言う間に受け入れられ、日常の食卓に”豚丼”が登場するようになり、さらに”ソラチ 十勝 豚丼のたれ”を使った応用メニューも次々に開発されています。
参考までにソラチの新レシピ集
”豚丼”の基本の作り方は大きく分けて二通りあり、フライパンで豚肉を7割ほど焼いて、そこに”豚丼のたれ”をからめ、煮詰める調理法と、豚肉を”豚丼のたれ”に漬け込み、七輪などの炭火で網目を付けて焼く、より本格的な調理法があります。
トッピングの野菜などは自由ですが、個人的には生の白髪ネギが好きで、肉を盛った丼に載せ、軽くコショウを振ったりしています。
おそらく道民は各々、オリジナルの食べ方で”Only.1””豚丼”の味をを楽しんでいることでしょう。

sorachi-butadon-1.pngsorachi-butadon-4.png

原材料名を見ると
しょうゆ、砂糖、米発酵調味料、魚介エキス、ソルビトール、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)
(原材料の一部に大豆、小麦、さばを含む)
の後に”※水は一滴も使用していません”と書いていて、チョット驚くと同時に、美味しさの秘密も理解できた気がします。
調理が簡単で、本格的な味を実現する”ソラチ 十勝 豚丼のたれ”は冷蔵庫に常備しておきたい「北海道の味付け」です。

”ソラチ 豚丼のたれ” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 くしろキッチン 和商店
sorachi-butadon-8.png

スポンサード リンク

🏠

北海道限定 十勝豚丼のたれ 北海道お土産

十勝豚丼のたれ 275g(ポイント10倍※要エントリー)

【ソラチ】 十勝豚丼のたれ 275g 5本セット 送料無料

ソラチ) 十勝 豚丼のたれ 2.3kg

【 ソラチ 】 豚丼のたれ275g

北海道 ソラチ 十勝豚丼のたれ 275g
posted by nadenadeboy at 08:39 | Comment(0) | タレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。