スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2010年12月25日

バター飴

bataame-2.png

子供の頃、メーカーがどこなのか特に気にすることもなく、しかも北海道が発祥だと言うことも全く知らずに、頻繁に食べていたのがバター飴です。
このバター飴ですが、北海道のお土産の代表として 古くから観光客に人気のロングセラー商品になっています。
その歴史を調べてみると、誕生は昭和6年で、八雲の榊原安茂氏(榊原製飴所)が、飴にバターを入れるアイデアで開発し( 当時は「牛酪飴」と表記 【八雲町HP】 )、雪印乳業が昭和29年にバター飴の製造をスタートさせ、昭和33年にはトラピスト修道院バター飴の製造を開始した頃から、飛躍的に販売量が拡大し、道内、道外での認知度も高まって行きました。
が、その後その人気も陰りが見え始め、北海道の土産品としての地位も洋菓子系のチョコレートやクッキーに押され、やや下降傾向になり、現在ではその存在すら知らない方も特に若い年代層を中心に多くなって来ているようです。
とは言え、バター飴を懐かしく覚えている年代層には、今でも根強い人気があります。

榊原安茂氏が考案した製法は でんぷん飴の中にビート糖やバターを配合したモノですが、現在、各メーカーが販売しているモノは、主に砂糖(甜菜糖)・水飴(麦芽糖)・水・バター・粉乳などで製造されています。
味も、甘さを抑えた製品が主流になりつつあり、バターの風味が口の中にさわやかに広がる、ソフトクリームをイメージさせる味わいになっています。

bataame-asabukuro.pngbataame-asabukuro-1.png

なんとなく布製のパッケージの印象が強いですが、他に缶入りや紙箱など様々なパッケージのモノが販売されていてバター飴自体も色が白く丸みを帯びた四角い形だけかと思っていましたが、色が半透明の商品や形も丸やキャラクター物まで、商品ごとに形態が違います。
肝心の味の方も、それぞれ特徴があると思いますので、食べ比べてみて好みの味を見つけるのも良いかもしれません。
懐かしく感じる世代の方からまだ食べたことのない方まで、バター飴の北海道らしい素朴でどこかレトロな味わいを ぜひ、楽しんでください。

bataame-torapisutinu.pngbataame-yakumo.png

”バター飴” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道お土産探検隊
bataame-1.png

スポンサード リンク

🏠

諸国銘菓[北海道]<トラピスト修道院製酪工場>トラピストバター飴

ゴールデンバター飴 北海道お土産人気

北海道 バター飴(布袋キツネ) 北海道お土産人気
posted by nadenadeboy at 07:51 | Comment(0) | 菓子類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。