スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2010年10月14日

ソラチ ジンギスカンのタレ

sorachi-jintare.png

北海道で人気を二分するジンギスカンのタレの一つがこのソラチ ジンギスカンのタレです。
※もう一方のライバルについてはコチラをご覧ください ベル食品 ジンギスカンのタレ
ソラチのジンギスカンのタレは現在、幅広い好みに合わせて味の種類が豊富にあり、多彩な”ジンタレ”が販売されていますが、昔から道民におなじみなのがソラチのスタンダード”特撰成吉思汗”です。
「成吉思汗」と書いて「ジンギスカン」と読みますが、その漢字の由来について 詳しくは分らないのですが、あの有名なモンゴル帝国の初代皇帝”チンギスハーン(チンギスカン)”の名前をこう書いていたので、おそらくそこから来ているようです。
シェアはベル食品のジンギスカンのタレの方が若干リードしているようですが地域によってはソラチの方がリードしている所もあり、比較しますとソラチの方が味にコクがあり、マイルドな味わいになっていて、逆にサッパリ食べたい方にはベル食品の方が気に入るのではないかと思われます。
噂ではこれら二つを独自の割合でブレンドし、自分の味を創り上げて食べている方もいるそうです。(試してみたことはありません)
原材料は 
醤油、りんご、砂糖、ブドウ糖、アミノ酸液、玉葱、香辛料、米発酵調味料、醸造酢、食塩、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酒精、甘味料(甘草)
で、りんごとタマネギの味がソラチ ジンギスカンのタレのマイルドさを出していると思います。
道外では、ラムやマトンのスライス肉をたとえ手にすることが出来たとしてもジンギスカンのタレが見つからず、焼肉のタレなどで食べたりすることもあるようですが、そうなるともはやジンギスカンではなくなってしまいます。
やはり、ジンギスカンタレまで込みでジンギスカンなのです。
jingisukan.png
このタレをいろんな形で活用するレシピも数多く紹介されていて、我が家でも野菜炒めの味付けにかなりの頻度で使っています。もしかしたら肉よりも野菜との相性の方が良いのかもしれませんし、究極、ごはんにそのままこのタレをかけて食べたりもします。

”ソラチ ジンギスカンのタレ” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 明治屋
ソラチ ジンギスカンのたれ-3.png

スポンサード リンク

🏠
ソラチ) 成吉思汗のたれ 2.07kg

ソラチ) 成吉思汗のたれ 2.07kg
価格:1,080円(税込、送料別)


ソラチ 特選成吉思汗(ジンギスカン)たれ 430g

送料無料 ジンギスカンお試しセット 1.1kg(ニュージーランド・オーストラリア産)北海道 ジンギスカン

ソラチ) 成吉思汗のたれ 2.07kg

生ラム 600g たれ付 (ショルダー) 北海道名産ジンギスカン
posted by nadenadeboy at 11:39 | Comment(0) | タレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: