スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2012年08月19日

マルちゃん 激めん スープカレー

マルちゃん 激めん スープカレー-1.jpg

特に北海道だけの”地域限定販売”というわけではないのですが、なぜか北海道で絶大な人気を誇る東洋水産のカップワンタン麺 マルちゃん 激めん シリーズに、コチラも北海道でブームとなり、今や知名度も全国区でカレー店でも定番メニューになりつつある「スープカレー」の斬新な美味しさを取り入れ、北海道を含む関東以北で販売されているのがマルちゃん 激めん スープカレーです。
もちろんワンタンも入って「カップスープカレーワンタン麺」とでも言いましょうか、なんだかいろんな味の要素を合わせ持つ、とっても盛りだくさんの”マルちゃん商品”です。
東洋水産が新たな「激めん」ユーザー獲得を目指し、2011年6月に発売したマルちゃん 激めん スープカレーは、一年後の2012年6月に改良が加えられ、現在は より美味しくなり、パッケージデザインも少し変更された「二代目」が店頭に並んでいます。

黒を基調とした色合いのパッケージで スパイシー感あふれるデザインに、控え目な「ワンタンメン」の文字と、中央に堂々と「スープカレー」の文字。
商品名に「激」と「カレー」が入って、かなり刺激が強そうな印象の外観になっていますが、味の方は想像よりもマイルドで、適度なスパイシー感はあるものの、どちらかと言うとコクとうま味で全体の味を構成しているような味わいです。

マルちゃん 激めん スープカレー-2.jpgマルちゃん 激めん スープカレー-3.jpg

<原材料名>

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、ポークエキス、香辛料、卵白、粉末野菜)、添付調味料(香辛料、砂糖、食塩、粉末野菜、醤油、たん白加水分解物、豚脂、チーズパウダー、酵母エキス)、かやく(ワンタン、玉ねぎ天ぷら、赤ピーマン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、香辛料抽出物、カロチン色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に鶏肉、ゼラチンを含む)

作り方は
「粉末スープを麺の上にあけ、ワンタンの上から熱湯を注ぎ3分経ったらよく混ぜて出来上がり」
のごくシンプルなモノで、調理法を見なくても出来るくらいの感じです。
混ぜていて感じたのですが、他のカップカレーラーメンだと混ぜている段階で、トロみによる多少の重みを感じたりするのですが、マルちゃん 激めん スープカレーは、まさに「スープカレー」であるが故のサラッとした質感で、混ぜた感触がすこぶる軽い、まさに"スープ"です。
”麺”はスープの絡みやすい細めのちぢれ麺で、通常版の「激めん」と同様の、わりとオーソドックスなタイプの麺です。
”具”は、なめらかな口当たりの”ワンタン”と意外に合う”玉ねぎの天ぷら”に細かな”赤ピーマン”で、言うまでもなく「激めん」の絶対条件である”ワンタン”が主役になっています。
そして肝心の”スープ”ですが、「スープカレー」とうたっている以上 美味しくなければ道産子として許すわけにはいかないところですが、野菜や肉のエキスが効いたうま味と、数種の香辛料から来るスパイシーな辛味で、もはやカップめんとは思えないくらいの凝った造りです。
これは白いご飯でもイケると思い実際に試してみたところ、予想以上の味わいであり、おそらく野菜や肉を炒め、麺を食べたあとのスープと合わせれば、立派にライスで食べる 本格的な「スープカレー」になってしまうでしょう。
個人的にはノーマル版「激めん」のスッキリとしたキレの良い”しょうゆ味”と、後からピリッと来る香辛料の適度な刺激が大好きなのですが、この マルちゃん 激めん スープカレーのスープにも、どこかその遺伝子が受け継がれているような感じを受けました。

マルちゃん 激めん スープカレー-4.jpgマルちゃん 激めん スープカレー-5.jpg

「激めん」が誕生してかれこれ30年以上経ち、東洋水産の多くのカップめんが北海道の新しい工場で生産されている現在、「激めん」は道内において”人気の定番カップめん”であり、特に策を講じなくても売れるブランドとなっていますが、マルちゃん 激めん スープカレー のように、北海道の消費者を意識した新たな味の登場は、「激めん」の名が道産子の”B級グルメ”としての地位を、より確固たるモノにして行くはずです。
いろいろな新商品が頻繁に売り出され、中にはハズレもあるジャンルが"カップめん"なのでしょうが、 マルちゃん 激めん スープカレー を食べて、間違いなくハズさない銘柄が「激めん」である事を再確認すると同時に、シリーズの次なる味がどんなモノになるか、一人のファンとして”なまら”楽しみになってきました。

”激めん スープカレー” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 ザ・フーズ楽天市場店
マルちゃん 激めん スープカレー-6.jpg

スポンサード リンク

🏠
posted by nadenadeboy at 11:39 | Comment(0) | インスタントラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

五島軒 函館カレー

五島軒 函館カレー-1.jpg

歴史ある街「函館」の老舗西洋洋食店「レストラン五島軒」を経営する 褐ワ島軒(ごとうけん) が、レストランの味を家庭でも手軽に食べられるよう”レトルトカレー”として再現した商品が五島軒 函館カレーです。
五島軒は函館市末広町に本社を置き、洋食店の経営をはじめ、市販のカレー製品やケーキなどの洋菓子を製造・販売をする、函館市民なら誰もが知っている”超有名老舗企業”です。
その歴史は古く、1879年(明治12年)4月 社長の若山惣太郎が当時の料理長である五島英吉の名前に由来する屋号「レストラン五島軒」を創業したのが始まりであります。
現在も受け継がれているカレーの味は、初代料理長が函館ハリストス正教会でロシア料理を習得したレシピが基となり、さらに二代目料理長の若山徳次郎が帝国ホテルでの修行により会得したノウハウにより、さらに地元の食材を活かす形でアレンジを加え、五島軒カレーの基礎を創り上げました。
五島軒のお店のうち”飲食店”としては 「レストラン五島軒本店 雪河亭」と、新五稜郭タワーアトリウム2階に 「函館カレーEXPRESS」、五島軒商品を販売する”直営ショップ”として 「十字街プロミエルカモイ店」 「駅前ツインタワーショッピングプラザ店」 などがあり、いずれも古き良き時代を感じさせ、情緒あふれる函館らしい趣の佇まいで営業しています。
また、数々の「五島軒商品」を製造する 「第1」 「第2」 の二つの工場を ”平成”に入ってから函館に隣接する北斗市に建設し 最新の設備により、伝統の味であるカレー製品や洋菓子などを製造しています。

五島軒 函館カレー-2.jpg五島軒 函館カレー-3.jpg

主力商品である五島軒 函館カレーは、厳選した道内産ポークとジャガイモ、ニンジン、タマネギなどの野菜を、五島軒が創り上げた本格的なソースで煮込み、手作り風でどこか懐かしくありながら、かと言って他所では絶対に味わえない まさに”函館風”に仕上げたカレーです。
作り方は他のレトルトカレーと同様、熱湯に3〜5分入れて温めるだけのオーソドックスなモノですが、一般的に売られているレトルトカレーとは全く違い、封を開けた瞬間に漂ってくる香りで、またたく間にそのグレードの高さが分かります。
味もワンランク上で 肉、野菜の具材が大きく、素材そのものの品質の高さが感じられ、食べ応え抜群の”具自体”がとにかく美味しいですし、ソースはコクのあるまろやかさの中に後から来る適度なスパイシー感が絶妙で、多くの素材がギュッと詰まった濃厚さとキレの良さを同時に味わえる、流行りの”スープカレー”とは真逆の”ドロッと系”のカレーです。

原材料

豚肉、じゃがいも、人参、小麦粉、食用動物油脂、玉葱、カレー粉、マンゴーペースト、バター、食塩、砂糖、にんにく、生姜、ポークブイヨン、チキンブイヨン、フォンドボウ、バナナ、乳糖、香辛料、ビーフパウダー、着色料(カラメル)、調味料(アミノ酸等)、酸味料(原材料の一部に大豆を含む)

五島軒 函館カレー-5.jpg五島軒 函館カレー-4.jpg

家庭で手軽に食べられる五島軒ブランドのレトルトカレーも 時代と共に次々に新しい味が生み出され、今や食べる側が追いつけないほど幅広いテイストの商品が販売されていますし、さらに”複数人”で食べる時に最適な「缶入り」商品も販売されています。
いずれも北海道を代表する観光地「函館」の名物カレー五島軒のこだわりが活かされた味であり、多彩な好みに合わせて創り上げられてはいるものの、あくまで伝統を守りつつ開発されたカレー商品であります。
できれば「函館」を訪れて、名所を巡る「函館観光」のついでに「レストラン五島軒」で、売れ筋メニューのカレーを食べるのがなによりベストなのかもしれませんが、なかなかそうもいかないと言う方(私も含め)が大半だと思われます。
そんな方にオススメなのがこの五島軒 函館カレーであり、異国情緒漂う「函館」に思いをはせながら パッケージにある北の文明開化の文字どおり、北海道のカレー文化を切り開いた五島軒 函館カレーの、長く愛されてきた具材とソースの美味しさを 「日常の食卓」で存分に堪能して下さい。

”五島軒 函館カレー” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ
☕ 五島軒スィーツはコチラ

▼イチオシショップ
🏠 五島軒
五島軒 函館カレー-6.jpg

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 08:20 | Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

伊藤園 北海道とうきび茶

伊藤園 北海道とうきび茶-1.jpg

”茶飲料”のトップメーカー伊藤園が、7月23日 北海道限定で販売開始した北海道とうきび茶は、北海道産の原料にこだわり、北海道ならではの素材が持つ豊かな味わいを、500mlペットボトルにギュッと詰め込んだ、カフェインゼロのブレンド茶です。
北の大地で育った とうきび(とうもろこし)、玄米、黒豆、小豆をブレンドし、心地よい甘さと香ばしさを実現しました。
原料のとうきびには、甘みの強いスーパースィート種と、古くから焼きとうきびなどで親しまれてきた、豊かな香りが特徴の“札幌黄八行(さっぽろきはちぎょう)とうもろこし”を8対2の割合で使用しており 二つの品種を最適な比率で合わせることにより 「とうきび」の甘みと香りが絶妙なバランスで存分に引き出されています。

パッケージは、北海道の澄んだ青空と広い大地を表現したデザインに、上下に見える「焼きとうきび」と、北海道とうきび茶のロゴの下には とうきび、玄米、黒豆、小豆のイラストが描かれ、自然の宝庫「北海道」をイメージさせるのに十分な外観になっています。

伊藤園 北海道とうきび茶-3.jpg伊藤園 北海道とうきび茶-5.jpg

<原材料>

とうもろこし(北海道) 玄米(北海道) 黒豆(大豆)(北海道) 小豆(北海道) ビタミンC 香料

北海道における「とうもろこし」の一般的な呼び名「とうきび」ですが、実は北海道の方言と言う訳ではなく、山形県北部、石川県、福井県、香川県、愛媛県、山口県西部、九州、群馬県、埼玉県、愛知県奥三河地方など、様々な地域で使われており、さらに昭和前半期まではこの「とうきび」が全国で一般に使われていて、なんと”国語辞典”にもちゃんと載っています。
なぜ北海道限定の呼び名だと思われるようになったのかは分かりませんが、全国どこに行っても 恥じることなく堂々と「とうきび」と発言して良いのです。

わが北海道が国内収穫量の半数以上を占める「とうきび」は、大小あらゆるスーパーのチラシを見てもやっぱり「とうきび」と表記されていて「とうもろこし」などの文字を目にする事は もはや皆無です。
札幌の大通り公園では夏になると風物詩の”とうきびワゴン”が登場、家庭では昼食に”ゆでとうきび”を食べる事も日常の風景、旬の時期には国道沿いなどの直売所でメロンなどと一緒に「茹でたてのとうきび」が、「ゆできび」と書かれた”のぼり”も賑やかに売られていたり・・・
今回、あらためて考えてみて初めて、道民の食生活に いかに「とうきび」なる食べ物が浸透しきっているかが分かりました。

伊藤園 北海道とうきび茶-2.jpg伊藤園 北海道とうきび茶-4.jpg

そんな「とうきび」を使った伊藤園 北海道とうきび茶、キャップを開けた瞬間、とうきび特有の芳醇な香りがフワッと広がり、ひと口飲むと、とうきびの深いコクや甘味、香ばしさを真っ先に感じ、奥の方でほのかに玄米、豆類の味もしてきます。
飲み口はとてもまろやかで優しい口当たり、やや濃厚な印象ですが、ノド越しは意外にサラッとしていて、スッキリ飲めます。
「カフェインゼロ」で就寝前でも安心して飲めますし、素材の穀物が持つタンパク質などの栄養と、さらにビタミンCが加えられているので、健康面からから見ても優れた「お茶」と言えます。
和食 洋食 中華 どんな食事にも合いますし、暑い夏場の”水分補給”にも最適、含まれている数々の栄養素から見ても、エネルギーを必要とする運動時の”スポーツドリンク”としてもピッタリ、あらゆるニーズに間違いなくハマりそうなのが伊藤園 北海道とうきび茶です。

”伊藤園 北海道とうきび茶” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 小樽広響林
伊藤園 北海道とうきび茶-6.jpg

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 05:28 | Comment(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。