スポンサード リンク

📖 サイト内検索

カスタム検索

2010年11月09日

マルちゃん あんかけ風やきそば弁当

ankakefuu.png

2010年2月にとうの昔に発売されていて、若干取り上げるのが遅い感もありますが、今回はカップやきそばの新風マルちゃん あんかけ風やきそば弁当を紹介します。
これまで、いろんな味を創り上げてきたやきそば弁当シリーズですが、それらと ひと味違うのがこのマルちゃん あんかけ風やきそば弁当です。
一般的にやきそばと言えば、”ソースやきそば”と肩を並べるくらい”あんかけやきそば”を連想する方も多いはずですが、意外とカップやきそばのジャンルではなぜか見当たりませんでした。(気付いてないだけ?)
そんな中、我らが北海道のB級グルメ界の代表格マルちゃん やきそば弁当が、カップめんの命 「手軽に 簡単に 短時間で」 を極力、守りつつ”あんかけやきそば”をカップめんで再現してくれました。

あんかけ風の「風」については、詳細は分らないのですが、単純に作り方が「"あん"をかけた"やきそば"」ではないので、あえて「風」を付けたのだと、あくまで個人的な見解ですが、そんな想像をしています。

作り方ですが、通常のカップやきそばのように 熱湯を注ぎ、しっかりとフタをして (※この時、あんかけの素はフタの上であたためない) 3分後、湯切り口からお湯を捨てる。
フタを全部はがし、再度、熱湯を内側の下の線まで注ぎ、あんかけの素を麺の上に均一にかけ
かきまぜて・・・かきまぜて・・・かきまぜて・・・・・・
すると 徐々にとろみがついてきますので「いい感じかな?」と思ったところで、躊躇せず、早速 食べましょう。
とろみを最大限に味わうために、時間がたって冷めたりしないようにすることと、2度目に入れる熱湯の量が多すぎないようにすることが大事なポイントです。(2度目の熱湯は”やや少なめ”がおススメです)

annkakefuu-up.png

醤油ベースで、ポークやチキン、オイスターなどの使い、絶妙なバランスで旨みとコクを出している”あん”が、今までにない”焦げ風味”が香ばしい、太めの麺とよくマッチして、やや具材は少なめ (キャベツ 挽肉 きくらげ にんじん) なのですが、まさに”あんかけやきそば”そのものを食べている感覚にしてくれます。
中華スープが付いていないのが、少し残念ではありますが、そこは諸々の事情があると理解していただき、むしろ開発してくれたことに感謝しながら”カップやきそば”の新ジャンルを味わいましょう。

”あんかけ風やきそば弁当” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 北海道グルメマート
マルちゃん あんかけ風やきそば弁当-1.png

スポンサード リンク

🏠
posted by nadenadeboy at 11:54 | Comment(0) | インスタントやきそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

カルビー じゃがポックル

jagapokkuru.png

「取り上げるのを忘れてました!」と言う感じではありますが、今や北海道限定品の代表格で、北海道内の空港・駅売店・お土産物屋の販売しかしておらず通販でも品薄状態が続き、なかなか入手が困難なカルビー じゃがポックルですが、誕生のキッカケは意外にも千歳工場の存続の危機が背景にあったようです。
栃木に生産量の大きいCalbee新宇都宮工場が完成したことで徐々に千歳工場の供給エリアが縮小、2000年には北海道エリアのみの供給となったことで結果的には生産量自体が半分に落ち、千歳工場は存続すら危ぶまれる状況になって行きました。
その危機を乗り越えるべくスタッフの情熱と英知を結集し
「お土産などで日本全国に知れ渡っている、北海道を代表する数々の銘菓たちと肩を並べるような商品を開発をしたい」
との熱い思いから 北海道の独自ブランド
「ポテトファーム」
の商品としてカルビー じゃがポックルは生み出され、今では、他ブランドの銘菓をも凌ぐ人気商品へと成長し、千歳工場に活気を取り戻す救世主となりました。

開発をスタートしてから現在のような大ヒット商品になるまでには、さまざまな試行錯誤があったようですが、行きついた先は”カルビーの創業者が最後までこだわり続けていた秘伝の製法”だったようです。
その製法については
「小さな釜でフライして揚げムラを細かくチェックし、フライ後も少量ずつ丁寧に選別するなど、手作りに近い生産方法」
と、秘伝ゆえに多くは分りませんが、カルビーの原点
「小さい子どもやお年寄りでも食べやすく美味しいスナックを完成させたい」
という思いがじゃがポックル誕生のポイントになったようです。
原材料は
じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、でん粉、食塩、こんぶエキスパウダー、酵母エキスパウダー、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)
で、じゃがいもは北海道産100% 塩はオホーツクの自然塩と、とことん北海道にこだわっています。

油っぽさがなく、さらに”サクサクッ”とし食感で、素材である、じゃがいも本来の味が生きていて、塩分も、多少の好みはあるでしょうが ほど良い加減でマイルドに仕上がっています。
品質保持のために大量生産が難しく、品薄状態はしばらく続きそうですが「じゃがいも」「銘菓」の一見、結びつきにくく感じるこの二つを、見事に結びつけたカルビー じゃがポックルをなんとか手に入れて、味わってみてください。

”じゃがポックル” 購入は
🏠 楽天市場 取り扱いショップ
🏠 Yahoo! 取り扱いショップ
🏠 Amazon 取り扱いショップ

▼イチオシショップ
🏠 BLUESKY オンラインショップ
じゃがポックル-1.png

スポンサード リンク

🏠お取り寄せリンク
posted by nadenadeboy at 09:22 | Comment(0) | スナック菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする